【2019春】ビラデスト今津へ出撃!スノピ3幕&タープ代わりのノルディスクアスガルド

ビラデスト今津でスノーピークのシェルター3幕

滋賀県にある高規格キャンプ場:ビラデスト今津に6月22日から1泊2日で出撃してきました!

今回もフリーサイトを貸し切っての広々キャンプです^^

家族旅行村 ビラデスト今津

家族旅行村 ビラデスト今津の入口

ビラデスト今津は滋賀県の琵琶湖の北西部にある、山の上のキャンプ場。

去年の11月に引き続き2回目ですね。

ビラデスト今津でキャンプ【2018秋】ビラデスト今津に出撃~フリーサイトで今年の盛大ラストキャンプ

(2019年10月8日追記)この後、さらに追加で出撃しました^^

ビラデスト今津でTAKIBIタープを初張【2019秋】滋賀県ビラデスト今津に出撃!TAKIBIタープオクタを初張り♪
キャンプ道具を積んだ車の荷室

けっこうスペースが余ってます・・・

今回は子供と2人ということもあって荷物は少なめ・・・

というより大き過ぎる車を借りてしまったといった方がイイかもしれません。。。^^;

大阪からビラデスト今津までは約2時間ほどで到着します。

ちなみに琵琶湖の麓からキャンプ場まではグネグネした山道を通っていくので、酔いやすい人や子供は酔い止めなどを飲んでおくとイイと思います。

ビラデスト今津に到着

平和堂(今津店)

今回も平和堂(今津店)で買い出しをおこなった後、奈良の生駒山のような山道をグネグネと上がり30分ほどでビラデスト今津のキャンプ場へ。

ビラデスト今津入場時の小屋

ビラデスト今津では入口の料金所で入村料1人300円(小学生以上)が必要になります。

ナカやん

前回、入村料を3歳の子供の分まで支払ってしまいましたが、今回は間違えずにすみましたw

ビラデスト今津の受付

受付はこんな感じ。レンタル品が充実してますね!

ビラデスト今津のレンタル品1
ビラデスト今津のレンタル品2

今回はココで薪を購入したのですが、針葉樹(杉)だったからか乾燥がイマイチだったからか、薪がはぜて火の粉がけっこう飛んできました。

そのせいでスノーピークのローチェアに被せていたカバーに穴が・・・(泣)

家に帰ってから裁縫セットで縫いつけました^^

MEMO
前回キャンプで行った大見いこいの広場で購入した広葉樹は、全くはぜるこもなく火の粉も飛ばず、火持ちも良い最高の薪でした(ビラデスト今津には広葉樹がありませんでした)

大見いこいの広場【2019春】大見いこいの広場に出撃~川沿いにある綺麗な滋賀キャンプ場

受付でお決まりのアーリーチェックインをおこなった後は、再び車に乗ってサイトまで移動です。

約半年ぶりの貸し切りフリーサイト

ビラデスト今津のフリーサイト

半年ぶりのフリーサイトは初夏の陽気で芝も青々・・・

1枚の写真に収まりきらないので伝わりづらいですが、写真を撮っている後ろ側もまだまだスペースがあります。

これだけ広大だとスゴイ気持ちいいです!

オートキャンプサイトにありがちな、テント&タープが大きすぎてサイトに収まりきらない問題も関係ナシ^^

ナカやん

ノンストレスで好き勝手に張ることができますよ!w

今回は

  • タープ2つ
  • シェルター3つ
  • テントが1つ

でキャンプです。

キャンプサイト全体感

分かりづらいかもですが、全体感はこんな感じ。

ノルディスクのアスガルド&カーリ

ノルディスクのカーリ

今回、みんなのリビングとしてタープにはノルディスクのアスガルド19.6&カーリを使いました。

カーリは以前の箕面キャンプフィールドでも使ったレクタ型のタープです。

スノーピーク箕面キャンプフィールド【2018秋】スノーピーク箕面キャンプフィールドに出撃~3つのタープで快適リビング♪

アスガルド19.6はワンポールのコットンテントとして有名な例のヤツですね^^

アスガルドのフロア部分はジッパーで留まっているので外すことが可能。

中心のポールを立てた状態で周囲の幕をまくり上げて中で留めます。

ノルディスクのアスガルド

するとこんな感じでワンポール型の円形タープに!円盤みたいでカッコいいですね^^

さらにアスガルドタープの前にカーリをドッキングして、写真のような感じの何とも言えない形のリビングが誕生しました。

この中で大人・子供 合計12人が過ごしましたが、広さ的には全然余裕ですね。

スピアヘッド Pro.L

スノーピークのスピアヘッド Pro.L

今回、キャンプ仲間が初投入したのがスピアヘッド Pro.L

言わずと知れたスノーピーク初のワンポールシェルターですね。

存在はもちろん知っていましたが、実物はほぼ初めて。中も広くて見た目もめちゃくちゃカッコいいです!

ナカやん

インナーテントを付けると中がほぼ埋まってしまい、寝室+前室といった使い方ができないので、ナカやんはリビシェルを購入しましたが、ハーフインナーなどがあればスピアヘッドを選択してたかも・・・^^

エントリー2ルーム エルフィールド

スノーピークのエントリー2ルーム エルフィールド

2018年の年末に彗星のごとく登場したEntryラインのシェルター:エントリー2ルーム エルフィールド

お座敷スタイルでイイ感じです。

年末はエルフィールドとランドロックに悩まされて、こんな記事を書いてました(結局はリビシェルを購入してしまったんですが、、、^^;)

エントリー2ルーム エルフィールド【SnowPeakエルフィールドの実物レビュー】ランドロックと徹底比較!

リビングシェルロングPro. アイボリー

スノーピークのリビングシェルロングPro. アイボリー

ナカやんが愛用しているスノーピークの2ルームシェルター:リビングシェルロングPro.

購入してから5回ぐらい設営してますが、さすがにもう何も考えなくても設営できるようになりました^^

今回、初めてルーフシートを上に掛けています(遅すぎ・・・汗)

リビシェルはメッシュ全開が中も涼しいですし、見た目的にも一番カッコいいと思います。

リビングシェルロング Pro.(アイボリー)などの請求書控え【リビングシェルロングとランドロックで悩む・・・】最終的に選んだ理由【祝】ついにSnowPeakのリビングシェルロング Pro.アイボリーを購入!

neos リビングプラス・PLR XL

ロゴスのneos リビングプラス・PLR XL

こちらは以前、友達からナカやんがもらって3回ぐらい使っていたLOGOSのテント:neos リビングプラス(現在は廃盤)です。

今回からテントを持っていない別のキャンプ仲間の手に渡ることになりました。

最初にこのテントを使いつつ、ステップアップしていくとテント選びに失敗しませんね^^

自分が求めるスペックや機能などが分かってきます。スノーピークでいえばアメニティードームMあたりですかね。

初めてこのLOGOSテントを使ってキャンプした記事がコチラ。

洞川キャンプ場【2018夏】奈良県天川村の洞川キャンプ場に出撃~川と蛍が最高だ!

キャンプ飯は少量多品種で!

今回のキャンプ飯はこんなラインナップ。

キャンプ飯

  • 青椒肉絲
  • 豚バラとアスパラのローズマリー風味
  • 焼き厚揚げ
  • 海鮮ホタテ
  • マシュマロ焼き
  • 牛肉盛り合わせ
  • ポトフ
  • 燻製チーズ&スパイシーチキン
  • カップラーメン(夜食)

今回もたくさんの種類を作りましたが、1品ごとの量は抑えているのでどれもほぼ完食です。

海鮮ホタテは10個1,800円とイイお値段でしたが、ホント美味かった~^^

ナカやん

ちなみに上段中央の「豚バラとアスパラのローズマリー風味」はスノーピークのコラムに載っていたレシピを参考にして作ってみました^^ ポン酢で食べると酸味が効いて美味しいです。

インスタ映え間違いナシの夜のキャンプサイト

夜のスピアヘッドとノルディスクのアスガルド&カーリ
夜のキャンプサイトはほんと映えます。

夜のノルディスクタープ

逆から見るとノルディスクタープはこんな感じ。ちょっとしたUFOみたいなフォルムですw

今回初めてロングデイジージカロテーブルを投入してみました。

スノーピークのロングデイジーとほおずき

ロングデイジー・・・スゴイ使えます。ほおずきを並べて吊るすととてもイイ感じ^^

ランタンハンガーだとどうしてもポールがある場所に掛けるしかないですが、ロングデイジーは好きなところにランタンやシェラカップなどを吊るせるのでホント便利です。

ジカロテーブルとファイアスタンド2

ジカロテーブルは昼はテーブル、夜はユニフレームのファイアスタンド2を中に入れて焚き火をしました。

ファイアスタンド2の高さがちょっと足りないので、ジカロテーブルの裏側に炎が当たってステンレスの色味が変わってしまいましたが全然使えます。

ユニフレームのファイアスタンド2

炎のゆらめきがイイ感じです^^

これは朝方にやっていた焚き火の様子。ファイアスタンド2は持ち運びもしやすくて片付けも楽チンなので、ファイアグリルよりも出番が多いです^^;

スノーピークのレインボーストーブ

ちなみにスノーピークのレインボーストーブも付けていましたが、サイドの部分が暖かいわけではないんですね、、、^^; ペトロマックスのランタンの方が暖かいという感じでした・・・

ペトロマックスのランタン

次の日は「マキノ高原温泉さらさ」へ

次の日、朝食を済ませた後、2~3時間ほど掛けて撤収。

梅雨時期なので心配してましたが、何とか天気ももってくれて良かった!

マキノ高原

帰りの温泉は以前に行った比良とぴあではなく、マキノ高原の「温泉さらさ」に行きました。

メタセコイア並木道

道路沿いに植えられているメタセコイア並木道

ここに向かうメタセコイア並木道が、すごいアニメに出てきそうな感じで良かったです。

マキノ高原温泉はキャンプ場が併設されている温泉で、川遊びもできてパターゴルフなどのアトラクションもあり、冬はスキー場にもなる複合施設で、設備がとても充実しています。

今回は混み合い過ぎて利用できませんでしたが、もちろんレストランも館内にあります。

次回以降のキャンプ候補地になりそうです!

温泉さらさの入浴料金は次のとおり。

お風呂

大人(12歳以上)700円
小人(3歳~12歳未満)350円

バーデゾーン(水着着用で入れる男女混浴のお風呂)

大人(12歳以上)800円
小人(3歳~12歳未満)400円

白ひげ十割そば

白ひげ十割そば

お昼ゴハンは帰り道の途中にあった「白ひげ十割そば」を食べて、今回のキャンプは終了・・・

冷やしそば鯖寿司セット

1食1,500円ぐらいしましたが、けっこう美味しかったです^^

ビラデスト今津

ビラデスト今津の公式サイト

MAP


【住所】滋賀県高島市今津町深清水2405-1
【TEL】0740-22-6868
【料金】オートキャンプ場(AC電源付き)
トップ6,400円/ハイ5,400円/平日4,300円
【チェックイン】13:00
【チェックアウト】12:00
【備考】
・営業期間は4月~11月まで。
・予約は3ヶ月前の1日朝9時から電話やネットで可能。
・AC電源無しサイトやコテージプランも有り。
・アーリーインやレイトアウトは30分単位で可能(利用するサイトによって料金が異なる)
・燃えるゴミは指定のごみ袋(1枚60円)を購入すれば回収してれますが、缶・ビン・ペットボトルは持ち帰り。
・キャンセル料は利用日を含む10日前から発生(例:利用日9月15日⇒9月6日からキャンセル料が発生)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。