スノーピーク2020年新作発表!
気になるアイテムを勝手に解説

【SnowPeak フラットバーナー】開封の儀&キャンプに3回実戦投入してみての感想。

SnowPeak フラットバーナー

まいど、キャンプ好きなナカやん(logfarm111 logfarm111)です。

今年の9月末、いつも行っているスノーピークALBi大阪店でフラットバーナーを購入しました。

https://twitter.com/logfarm111/status/1174934992566112257

地味に人生初バーナー【祝】です🥳

ここではフラットバーナー開封の模様と、キャンプで3度ほど使ってみての感想を書いていきたいと思います。

なお、どのバーナーを購入するのか悩んでいた時の様子は、コチラの記事にまとめています。

スノーピークのフラットバーナーとギガパワープレートバーナーLISnowPeak【フラットバーナー vs プレートバーナーLI 6番勝負】どっちがええねん・・・

これからスノピのバーナーを購入予定の方、特にフラットバーナーとプレートバーナーで悩んでいる方はどうぞ^^

【開封の儀】フラットバーナー

スノーピークのフラットバーナー

早速、開封してみましょう!

フラットバーナーの取扱説明書
フラットバーナーの脚2本

箱をパカッと開けると取扱説明書と脚が2本。その下に五徳やらバーナー部分が入ってます。

フラットバーナーの全パーツ

フラットバーナーの全パーツ

中のモノはこれで全部。では組み立てていきます。

フラットバーナーに脚を取付

プレートの横の穴に脚を挿していきます。挿す時は左右に少し脚を開きながら取り付けるとスムーズです。

ナカやん

脚1つに対して左右2箇所ずつ(合計4箇所)にビニールチューブが付いていますが、これは使用時と収納時(後述)にテーブルやプレート自体に傷が付かないようにするためですね。
フラットバーナーのセッティングが完成

フラットバーナーのセッティングが完成!

中にバーナーを設置して、上から五徳を乗せたらセッティング完了!

カンタンですね^^

フラットバーナー初点火!

金缶500(ギガパワーガス500プロイソ)をセット

フラットバーナーを買った時に併せて購入した金缶500(ギガパワーガス500プロイソ)をセットして、緊張の初点火🔥です。

フラットバーナーの点火方法

少量のガスを出しながら、イグナイタの点火ボタンを押します。

カチッカチッカチッカチッカチッ・・・

何度か押してもなかなか付きません・・・ガス臭いです(汗)

初期不良かなとも思いながら、もう1度気を取り直して、ガスを多めに出しながらカチッカチッカチッ・・・

フラットバーナー初点火

フラットバーナーに初点火^^

ゴオッ!という音と共に火が付きました。家のガスコンロよりも迫力があります^^

動画も撮影してみましたので参考までにどうぞ(器具栓のツマミを調整する部分が切れちゃってますが・・・汗)


ちなみに使った後、下のテーブルに手を置いてみましたが特に熱くなっているといったことはありません。

ナカやん

実戦でも竹のワンアクションローテーブルが焦げてしまわないか、ちょっと心配でしたが特に問題なかったです^^

【SPEC】フラットバーナー

本体サイズ 270×410×110mm(ホース、器具栓を除く)
重 量 1.9kg(収納ケースを除く)
収納サイズ 360×250×80mm
出 力 3,000kcal/h
燃焼時間 GP-500GR/210分・GP-250GR/110分
対応鍋径 直径23cm以下/ダッチオーブン使用不可

キャンプにフラットバーナーを実戦投入!

購入したフラットバーナーはこれまで3回ほどキャンプに実戦投入しています。

フラットバーナー投入履歴
  • 1回目(9月中旬/ビラデスト今津)は鍋でカレー
  • 2回目(10月末/朽木オートキャンプ場)はライスクッカーDXで炊飯
  • 3回目(11月頭/白川渡オートキャンプ場)でもライスクッカーDXで炊飯

ナカやん

ライスクッカーDXはユニフレームのfan5DXですね^^
ライスクッカーDXで炊いたご飯【ユニフレームfan5DXを購入】ライスクッカーでご飯を炊いたよ!超簡単&激ウマ
フラットバーナーでカレー作り

フラットバーナーでカレー作り

ビラデスト今津でTAKIBIタープを初張【2019秋】滋賀県ビラデスト今津に出撃!TAKIBIタープオクタを初張り♪
ライスクッカーでご飯を炊く

ライスクッカーでご飯を炊く

朽木オートキャンプ場とペトロマックス【2019秋】設備の整った朽木オートキャンプ場へ出撃!ユニセラ熱燗仕様が最高すぎる・・・
ライスクッカーでご飯を炊く

もういっちょライスクッカーでご飯を炊く

白川渡オートキャンプ場とリビングシェルロングPro.アイボリー【2019秋】白川渡オートキャンプ場へ出撃!リピ確実の気持ち良いキャンプ場※注意点アリ

火力も申し分なく、3回ともイイ感じに作ることができましたよ^^

ちなみにフラットバーナーではダッチオーブンを使うことはできませんので、ご注意を・・・

また、フラットバーナーは液出し仕様ではないので、寒い時に使う場合は火力が心配でしたが、こちらも今のところ問題ありません。

火力が弱くて使えないと感じたことはないですね。

ナカやん

たまたまキャンプの時がそこまで寒くなかったというのもあると思います。これが雪中キャンプとかになると、また感想は変わってくるかもです^^;

フラットバーナーにはIGTに組み込むためのホルダーが付属

器具栓ホルダー

器具栓ホルダー

フラットバーナーにはIGTスリムやジカロテーブルにセットして使うためのホルダーが最初から付いています。

このホルダーを本体のプレートの切り込みに上から差し込み、そこにイグナイタを取り付けます(吊り下げられた状態)

IGTスリムにフラットバーナーを取付

IGTスリムにフラットバーナーを取付 出典:SnowPeak

ナカやん

ホース部分が少し長めなので、ちょっと取り付けづらいです。ですが、ガス缶を取り付けるとその重みも加わって安定します。

これでIGTスリムやジカロなど側面にレールが無いタイプのIGTにも付けることができます。

通常のIGTに付ける場合は、側面のレールに直接イグナイタを引っ掛ける感じですね。

MEMO:ホルダーの収納スペースもちゃんとある
収納袋の中にホルダーの収納スペース

収納袋の中にホルダーの収納スペースが

ホルダーを収納スペースに

内袋の口はマジックテープで留める

また、このホルダーは収納袋の中に縫い付けられた内袋に入れて、きちんと保管することができるようになっています。

このあたりの配慮はアリガタイです。いつも使うものではないので、まず間違いなく無くすでしょうから・・・^^;

フラットバーナーの収納方法

注意
使用直後は五徳やバーナー本体が非常に熱くなっているので注意してください!ナカやんは危うく火傷しかけました^^;
STEP.1
脚をプレートにセット
脚をプレートにセット
使った後の収納は、まず脚を外して写真のようにプレートの上にセットします。
STEP.2
五徳を被せる
五徳を被せる
上から五徳を被せます。ちょうど「押さえ」の役割を五徳が果たしてくれます。
STEP.3
バーナーヘッドを載せる
バーナーヘッドを載せる
さらにその上にバーナーヘッド部分を載せます。
STEP.4
結束バンドで固定
結束バンドで固定
結束バンドで固定します。ガス缶を付けるイグナイタ部分が少しズレてくるのがプチストレスですが、これぐらいであればそこまで大きな問題ではないですね。
STEP.5
収納袋に入れる
収納袋に入れる
あとはこのまま付属の収納袋に入れて完了です。
Finish!!
フラットバーナーの収納が完了

ナカやん

うーむ、コンパクトにまとまって素晴らしいです^^

持ち運びにはシェルコン25かマルチコンテナSユニット

フラットバーナーをシェルコンテナ25に収納
フラットバーナーをマルチコンテナSユニットに収納

フラットバーナーは、

  • シェルフコンテナ25にそのまま突っ込む
  • マルチコンテナSユニットに入れる

この2つの方法のどちらかで、いつもキャンプに持って行っています。

シェルコン25はもちろん、Sユニットもフラットバーナーを2台重ねて入れることができますよ。

2個購入してツーバーナー仕様にするのもイイですね!

マルチコンテナSユニットの活用方法について紹介してます^^
スノーピークのマルチコンテナSユニットスノーピーク【マルチコンテナSユニット活用事例5選】活用法は無限大だ^^

まとめ

スノーピークのフラットバーナーで調理中

フラットバーナーは9,800円とスノーピークにしてはリーズナブルな価格で、バーナーを初めて購入する人に手の届きやすい製品だと思います。

見た目もスタイリッシュで、コンパクトに収納でき、火力も春~秋のキャンプであれば全く問題ありません(冬は未検証)

卓上はもちろん、スノーピークのIGTやジカロテーブルなどにもセットして使えるので、色々なシーンで使えますね!

キャンプ飯の幅も広がると思います。オススメの1台です^^

ナカやん

抜け出せなくなるので、これまでIGT関連には手を出すまいと思っていましたが、このフラットバーナーを購入したことで「IGT沼」に片足を突っ込んだ気もします・・・^^;

IGTにフラットバーナーグリルバーナー雪峰苑を並べてセットして、お手軽デイキャンプをやってみたいと思う今日この頃です(ヤバい・・・w)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。