白川渡オートキャンプ場に行ってきたよ!

【ユニフレームfan5DXを購入】ライスクッカーでご飯を炊いたよ!超簡単&激ウマ

ライスクッカーDXで炊いたご飯

まいど、キャンプ好きなナカやん(logfarm111 logfarm111)です。

先日、ALBi大阪に入っているモンベルで、以前から気になっていたユニフレームのfan5DXを購入しました。

ユニフレーム fan5DX

ユニフレーム fan5DX

モンベルには

  • ユニフレーム
  • ヘリノックス
  • プリムス
  • SOTO
  • GSIアウトドア

などの製品が(そこまで数は多くないものの)置いてあります。

ALBi大阪の商品券が余っていたこともあって、fan5DXを購入してみました^^

ALBi大阪(アウトドア)【関西の方へ】ALBi大阪のキャンペーンでSnowPeakギアを実質23.5%引きで購入可能!

今回はfan5DXの開封レポと、中でも特に評判の高いライスクッカーDXを使った炊飯レポです。

公式サイトやキャンパーさんのブログでは「カタカタ」と音が鳴って~という表現がされていますが、百聞は一見に如かず。

炊いてる間、時間の経過ごとに動画も撮影してみたので、購入前の方の参考になるかなと。

ナカやん

買った人のうち95%は自宅でまず炊いてみますよね!?(ナカやん調べ)

今回初めて使ってみましたが結論から言うと超簡単&激ウマでした^^

ライスクッカー以外のものはまだ使っていないので、また今後使ってみてから、改めて記事にしたいと思います。

ユニフレームfan5DX

箱から取り出したユニフレームfan5DX

中を開けるとメッシュの袋に入れられたfan5DXが登場。

fan5DXの重量は約3kgとそれなりの重さ。完璧オートキャンプ向きです。

収納時サイズ:約φ230×195mm
総重量:約3kg
ユニフレーム fan5DXの説明書1

fan5DXのスペック

ユニフレーム fan5DXの説明書2

スタッキング方法

特に説明書などはありません。箱自体が取説になってます。

なお、このメッシュの袋ですが、かなりペラペラでヤワい感じ・・・。何かに引っ掛けたりすると、すぐに破れたりする可能性大です^^;

心配な方 or すでに破れてしまった方は、同じユニフレームから出ているfanバケツが収納ケースとして使えますよ。

ユニフレームfan5DXを開封!

コンパクトにまとまるfan5DX

ではさっそく中身を出していきます!すべて出すと、こんな感じに。

ユニフレーム fan5DXの内容物

これら全てがさっきの1つにスタッキングできるのかと思うと、改めてスゴイなと感じますね^^

鍋やフライパンのスペックは次のとおり。

SPEC

直径mm 深さmm 満水容量 材質
①フライパン 約225 約50 アルミニウムフッ素加工(板厚2mm)
②メッシュバスケット 約210 約110 ステンレス鋼
③ライスクッカーDX 約210 約115 約3.2L 本体:アルミニウムフッ素加工/フタ:アルミニウム
④ステンレス大鍋 約230 約145 約5.5L ステンレス鋼
⑤ステンレス片手鍋 約170 約90 約2.0L ステンレス鋼

ナカやん

ちなみに3番のライスクッカーDXは、2~5合までのお米を炊くことができますよ^^

ユニフレームの配慮は流石^^

ここでナカやんが「おっ!さすが!」と感じるfan5DXのナイスなポイントを紹介。

お米と水の目盛りが付いている

ライスクッカーDX

ライスクッカーDX

ライスクッカーDXの目盛り

お米と水の目盛りが付いてます

ライスクッカーDXはお米の目盛りと水の目盛りが別々で付いています。

ステンレス大鍋のフタがフライパンのフタと兼用

ステンレス大鍋のフタをフライパンのフタとして活用

ステンレス大鍋のフタがフライパンにも使えます

これで目玉焼きなんかも作れますね^^

フライパンの取っ手が脱着式

fan5DXフライパンの取っ手1

フライパンの取っ手

fan5DXフライパンの取っ手2

カバーを外して

fan5DXフライパンの取っ手3

持ち手に装着可能

ネジの部分に黒いカバーが被せてあるので、それを外してフライパンに取り付けます。カバーは持ち手部分にハメることができるので、無くす心配もありません。

取っ手を装着したfan5DXフライパン

収納時はカバーがあるおかげでクッカーに傷が付くのを防いでくれます。よく考えられてますね!

ライスクッカーDXは温め直すことが可能

ステンレス大鍋の中にライスクッカーを入れる

ライスクッカーのサイズが大鍋よりもひと回り小さいので、クッカーごとゴハンを入れて湯せんができます。

余って冷えてしまったご飯でもキャンプ場で温め直すことができますね!

ナカやん

冬キャンプの朝、熱いお茶漬けとか食べたいです^^

山ケトル900がfan5DXの中にぴったり

山ケトル900をfan5DXに収納

山ケトル900がfan5DXに収納可 出典:Uniflame

別売りにはなりますが、ユニフレームの山ケトル900がfan5DXの中にぴったり納まります。

新たに収納場所を確保する必要がないのは嬉しいですよね。

ウチはSnowPeakのフィールドバリスタケトルをすでに買ってしまっているので、山ケトルを改めて購入することは近々では無さそう・・・

見た目は好きなんですが、スノピのケトルは地味にかさ張ります^^;

【手順】ライスクッカーDXでご飯を炊く

では本題のライスクッカーDXでご飯を炊いてみましょう!

まず取説(箱)に載っているご飯の炊き方は次のとおり。

STEP.1
お米を入れて水を入れる
お米を研いで目盛りに合わせて水を入れます。火にかける前に約30分ほど水につけておくと美味しさアップ!
STEP.2
クッカーを強火にかける
フタをして強火で火にかける。
STEP.3
カタカタ音がしたら弱火に
湯気が出てフタが「カタカタ」と動き出したら、動きが止まらない程度に火を弱める。
STEP.4
火を止めて5分蒸らす
フタの動きが止まって湯気が出なくなったら火を止めて、フタを閉じたまま約5分ほど蒸らす。
STEP.5
完成

この手順でやっていきます!

米を炊く時は量が多いほど美味しくなるという話を聞いたことがありますが、今回はとりあえずお試しで2合を炊いてみました。

お米を入れて水を入れる

研いだお米

お米2合を研ぎます

クッカーに水を入れる

2合の目盛りまで水を入れる

ナカやん

今回は早く食べたかったのでお米を水に30分つけておくことなく炊き始めました^^;

クッカーを強火にかける

ライスクッカーを強火で火にかける

強火で火に掛けます

クッカーを強火で火にかけます。

ナカやん

キャンプでは無洗米を使うと手間が掛からなくて良さそうですね!

ライスクッカーを強火にかけて約4分後

火にかけ始めて約4分・・・

早速やって来ましたよ!カタカタがw

「早っ!!もうできちゃうの?!」と一気にテンションUP!!

実際の動画はコチラ。

カタカタ音がしたら弱火に

ここで強火⇒弱火にチェンジです。

11分ぐらいするとカタカタ音が一度止まったかなと思いましたが、しばらくするとまたカタカタと音が鳴り出しました。湯気も多少出ています。

火を止めていいのかちょっと悩みます。

ライスクッカーを強火にかけて約20分後

強火にかけて約20分後

約20分が経過・・・

微かに音はなってますが、だいぶ湯気も無くなってきています。中を確認したくなりますが、熱が逃げちゃいそうなのでガマン我慢・・・

火を止めて5分蒸らす

22分経つとほぼ音がなくなったので火を止めて蒸らしタイムです。

5分後・・・

ライスクッカーを強火にかけてから約27分後

5分間の蒸らし時間が終了・・・

完成

緊張の瞬間がやってきました!フタOPENです。

ライスクッカーDXでご飯が炊けました

無事にご飯が炊けました^^

イイ感じに炊けてます!さっそく食べてみましょう^^

ウマい・・・ウマ過ぎる・・・

これを自然の中で食べたらヤバいですね・・・

火を付け始めてから約30分でご飯が炊けました!

MEMO
今回は念入りに弱火時間を取りましたが、もしかするともうちょっと早めに火を消しても良かったかも・・・。このあたりのサジ加減は使っているうちに分かってきそうです^^

まとめ

ライスクッカーDXで炊いたご飯で晩御飯

今回初めてライスクッカーDXを使ってみました。

火を消して蒸らしに移るタイミングがちょっと分かりづらかったのですが、特に問題なく1発目から美味しいご飯を炊くことができました^^

こんなに楽チンでイイのか!って感じですね。

これまでは「サトウのごはん」を持っていって湯せんしていましたが、やっぱり直火でイチから炊いた方が美味しそうですよね(モロに先入観が入ってますw)

いや~ほんとユニフレーム様々だ~^^

今回使ったfan5DX(4~5人)はコチラ

サイズ小さめのfan5duo(2~3人)もあります

ナカやん

次回のキャンプでさっそくデビューさせようと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。