スノーピーク2020年新作発表!
気になるアイテムを勝手に解説

【キャンプマットの選び方で失敗】ダブルサイズや厚過ぎるマットは止めておけ!

クイックキャンプのシングルとダブルサイズのキャンプマット

まいど、キャンプ好きなナカやん(logfarm111 logfarm111)です。

ダブルサイズや厚過ぎるマットは止めておけ!

声を大にして言いたいです。

人によっては良い選択肢になるとは思いますが、少なくとも我が家には不要でした。

ちなみにキャンプ歴は1年半ぐらい、約10回ぐらいキャンプに出撃した上での感想です。

厚過ぎるキャンプマットは止めておけ

まずはコレ。

厚過ぎるマットは止めておけです。

理由は積載時のトランクや自宅での保管時にスペースを取るからですね。

いまナカやんが実際に使っているのがコチラです。

QuickCamp(クイックキャンプ)のキャンピングマット(8cm厚)

QuickCamp キャンピングマット(8cm厚)

QuickCamp(クイックキャンプ)というメーカーのキャンピングマット(8cm厚)です。

他メーカーは5cm前後のマットが多い中、より厚みがあるので撤収に時間を取られます。そして、保管スペースを取られます。

たぶん実際に8cm厚のシングルを使われている方は、

8cm厚ユーザー

8cmでもそこまで撤収は大変じゃないけどな~

と感じている人は多いと思います。確かにそれはそうなんですが、比較すると8cmより5cmの方が”より”楽チンですよね!?

5cm厚のマットでも睡眠に問題なかった

クイックキャンプのキャンピングマットのロゴ

もちろん厚ければ厚い方が寝心地はイイです。

そして、地面のゴツゴツ感や冷気も5cmより8cmの方がシャットダウンしてくれます。

ですが、クイックキャンプのマットを買うまで、友達からLOGOSのマット(たぶん5cmだったはず)を2回ぐらい借りてキャンプに行っていたんですが、そっちでも寝るのに特に問題はありませんでした。

いま思えば薄めの5cm厚のマットを買った方が良かったかなと思います。そっちの方が値段も安いです。。。

ではなぜ8cm厚のマットを選んだかと言うと、改めて自分でマットを購入するとなった時、

ナカやん

やっぱり厚ければ厚いほどイイだろう!!

思い込んでいたからです。これが失敗の始まりでした^^;

この時は寝心地のことしか頭になく、

  • 撤収のための時間や手間のこと
  • 車への積み込みやトランクスペースのこと
  • 自宅での保管場所のこと

こういったことに全く頭が回っていませんでした。

なので、これからマットを購入しようという方は、厚みについて十分に検討してください。

ナカやんは最低5cmあれば十分だと思ってます。

ダブルサイズのキャンプマットはもっと止めておけ

QuickCamp(クイックキャンプ)のキャンピングマットWサイズ(8cm厚)

QuickCamp キャンピングマットWサイズ(8cm厚)

そして、もう1つ。

厚さについてよりも、より声を大にして言いたいのはダブルサイズのキャンプマットは止めておけです。

ここまで読んでもらった人は、もう理由は分かりますよね!?^^;

シングルサイズのマットよりもさらに撤収に時間が掛かりますし、スゴイ場所を取るんです。

収納時の状態がコチラ。

QuickCamp キャンピングマットシングルとダブルサイズ収納時の比較1

左がシングル8cm厚で右がダブル8cm厚です。かなりの大きさですよね・・・

QuickCamp キャンピングマットシングルとダブルサイズ収納時の比較2

シングル2枚ではなくダブルを購入した理由

ダブルを購入する時は、シングル2枚ももちろん検討していました。

ですが、シングル2枚を買うならダブル1枚を購入した方が、

  • 持ち運びの手間が省ける
  • 敷く手間や撤収の手間が省ける
  • シングル2枚を連結させる手間がない
  • シングル2枚だと連結部分にすき間(ちょっとしたヘコミ)ができる
  • シングル2枚の合計金額よりもちょっと安い

とその時は思ったので、ダブルサイズ8cm厚を購入。

ですが、これが大きな間違いでした。

確かにシングル2枚を連結させる手間や、マット間にヘコミができないのはメリットですが、それを上回るデメリットがありました。

ダブルの収納では1度2つに折ってから、ある程度の空気を抜く”空気の粗抜き作業”を2~3回行います。

そして、今度は2つ折りの状態のまま端から巻いて行って、ある程度の空気が端に溜まったらまたバルブを開封して空気を抜きます。

この作業をまた2~3回して、やっと付属の袋に収納できるようになります。

この作業がホントに面倒くさいんです^^;

これならダブルではなく、シングル8cm厚で全部揃えるべきでした。

もっと言えば、シングル5cm厚で全て良かったと思っています。

ナカやん

一応、フォローしておくと車中泊用や自宅用としてある程度は敷きっぱなしにしておく人や、キャンプにたまに行くぐらいの人であれば8cm厚のダブルサイズも選択肢としてアリだと思います^^

キャンプ用マットは3つの要素のバランスが大事

何も分かっていなかった頃は、厚ければ厚いほどマットはイイに違いない!と思っていましたが、

  1. 寝心地
  2. 持ち運び(積載)のしやすさ
  3. 保管時のスペース

この3つのバランスが非常に大事なんですよね。。。^^

現在、スノーピークがなぜ8cmとかの厚いマットを出していないのかが、最近分かった気がします。

マットの幅も気にしておくとなおGOOD

スノーピークのキャンピングマット2.5w

SnowPeakのキャンピングマット2.5wは幅が広め 出典:SnowPeak

そして、(最初はここまで重要視しなくても良いですが)マットの幅もちょっと気にしておいた方がイイかなと思います。

スノーピークのマットは、

  • SnowPeakマット 幅77cm☓198cm
  • QuickCampマット 幅63cm☓198cm

約15cmほど幅広に作られています。

たった15cmと思うかもしれませんが、実際に寝てみると結構違います。

クイックキャンプのマットの場合は仰向けの状態から横向けに身体を起こすと、ちょっと落っこちるような感じになります。

スノーピークのマットの場合は、そんなことはありません。全く余裕というわけではありませんが、それでもすぐに落ちるような感じにはなりませんね。

なので、厚みもそうですが、幅にも少し気を配ってみるとイイと思います。家の毛布や布団などを使って実際に測ってイメトレしてみてください。

15cmの差はけっこう大きな差だということが、体感で分かると思います。

ナカやん

ただ、今度は値段が高過ぎる問題がでてきますが、、、^^;

これからキャンプで使うマットを購入する方の参考になれば嬉しいです。

ちなみにナカやんはもう少し使ったら買い替えようと思っています!ではでは良いキャンプライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。