スノーピーク2020年新作発表!
気になるアイテムを勝手に解説

【SnowPeak】TAKIBI Myテーブルの感想レビュー※Myテーブル竹とも比較するよ。

スノーピークから発売されているTAKIBI Myテーブル。

先日、TAKIBIタープオクタを買ったタイミングで、このテーブルも購入しました(Twitterの画像だとガス缶に隠れて見えてませんが・・・)

https://twitter.com/logfarm111/status/1174934992566112257

この分野ではユニフレームの焚き火テーブルが一番メジャーだと思いますが、すでに多くの人が持っているということもあって手を出せず・・・

ナカやん

と言っても、このTAKIBI Myテーブルもしばらくするとみんな使っている状態になるんでしょうけどね、、、^^;

ここでは、以前から使っているMyテーブル竹とも比較しながら、TAKIBI Myテーブルのレビューをしていきたいと思います。

結論から書くと、控えめに言ってとても質の高いテーブルで、買って良かったと思ってます^^

天板が傷つきやすいというマイナス面はありますが、それも今後イイ味になっていくかなって感じですね。

TAKIBI Myテーブル

TAKIBI Myテーブルの箱とテーブル本体

スペック紹介

TAKIBI Myテーブル

サイズ 496×332×400(h)mm
重量 2.9kg
耐荷重 15kg
収納サイズ 450×332×78(h)mm
仕様 天板/ステンレス
スタンド/アルミ合金
カバー/ポリエステル

TAKIBI Myテーブルの設営は3秒で完了

設営はとても簡単。

TAKIBI Myテーブルの設営1

天板を広げる

TAKIBI Myテーブルの設営2

天板と連動して脚が開く

Myテーブル竹と基本的に同じ構造になっていて、天板を開くと同時に脚が開きます。

TAKIBI Myテーブルの設営3

支柱を上に持ち上げる

TAKIBI Myテーブルの設営4

天板裏のツメに引っ掛ける

TAKIBI Myテーブルの設営完了

そして、補助用の支柱2本を天板の下に固定すれば設置完了。

頑丈なTAKIBI Myテーブル

強めに押しても問題ナシ

この2本の支柱のおかげで、より頑丈になっています。上から力をかけて押してみてもペコペコしたような感じはありません。

MEMO:TAKIBI Myテーブルの開発話も
スノーピークの公式サイトではTAKIBI Myテーブルの開発ストーリーも紹介されています。

製品の背景まで分かると、何となく今まで以上に愛着がわいてきますね^^

TAKIBI Myテーブルの仕様チェック

TAKIBI Myテーブルの天板の広さ

最近気になっているカメラのパンフを置いてみました^^;

TAKIBI Myテーブルの広さは、A3サイズをもうひと回り大きくした感じ。

TAKIBI Myテーブルの天板には

  • SnowPeakのロゴ
  • 焚 TAKIBI specの刻印
が入っています。

スノーピークのロゴ
焚 TAKIBI specの刻印

ナカやん

TAKIBIタープオクタのインナールーフにも入っている刻印デザインですがイイ感じ^^

TAKIBI Myテーブルのスペース

スペース的にはちょうど飲み物とシェラカップを2つずつ置いても、まだ余裕があります。

人気の小型ガスランタン:ノクターンやランタン天を置いても問題ナシですね。

キャンプ場で灯るギガパワーランタン天オート【SnowPeak】ランタン天オート初点火!吊り下げ用チェーンも自作してみたよ。スノーピークの野遊びセット「MYセット FK-110」スノピの野遊びMYセットを20%オフで購入【スポオソの特別会員セール】

もちろん天板がステンレスなので熱いスキレットやダッチオーブンを置くのもOK!

TAKIBI Myテーブルの高さ

テーブルの高さも40cmに設定されていて、ローチェア30やTake!チェアに座りながら使うのにちょうどイイ高さです。

また、材質がステンレスなので、汚れてもタオルやウェットティッシュでサッと拭けば、すぐ綺麗になりますよ^^

用途が広がる左右のハンギングバー

TAKIBI Myテーブルのハンギングバーにシェラカップを吊り下げ

ハンギングバーにシェラカップ

TAKIBI Myテーブルには天板の左右に色々なものを引っ掛けられる切れ込み(取説によるとハンギングバー)があります。

公式サイトでも紹介されているように、シェラカップを引っ掛けるのにちょうどイイですね。

TAKIBI Myテーブルのハンギングバーにフォールディングトーチや火ばさみを吊り下げ

ハンギングバーにトーチと火ばさみ

他にもフォールディングトーチ火ばさみも引っ掛けられます!

ナカやん

ちなみに火ばさみは地面にギリギリ付かないぐらいでした。

焚き火ツールポール(2019年にて廃盤)は約1万円と非常に高価ですが、このTAKIBI Myテーブルであればテーブルと兼用して使えるのでコスパも良さそうです。

オプションのステンレストレーで収納力UP

TAKIBI Myテーブルとステンレストレー 1ユニット

一緒に行っているキャンプメンバーは持ってます^^

さらにTAKIBI Myテーブルはテーブル下にステンレストレー 1ユニットをオプションで設置することができます(ナカやんは持ってませんが・・・)

TAKIBI Myテーブルとステンレストレー 1ユニット

出典:SnowPeak

物を置くスペースを拡張できるとともに、火の粉や灰などが飲み物などに入ることをある程度防ぐことができます。

ただし、以下のようなレビューがある通り、収納に関しては少し考えておいた方が良さそうです。

私の確認不足ですが、TAKIBI Myテーブルのバックに収納出来なかったので結局出番無しで一度も使わず倉庫行きです。造りもシッカリしていて、とても良いものなので非常に残念です。

引用:SnowPeak

イメージ的には、フラットバーナーやグリルバーナー雪峰苑を使う時に、元々テーブルを塞いでいたステンレストレーを外してTAKIBI Myテーブルに持って行く。こういった使い方が良いのかなと、、、

なので、すでにIGTのフレームやIGTスリムを持っている人は兼用できるのでイイですよね。

注意
ガスカートリッジをステンレストレーに置く場合は、天板に熱いモノを置いたり、天板上でバーナー類を使わないようにしましょう。ガス缶が熱で温まって破裂する危険性があります。また、同じ理由で焚き火の熱にも注意が必要ですね。

Myテーブル竹とTAKIBI Myテーブルを比較⇒地上高40cmが嬉しい

今度はナカやんがすでに持っているMyテーブル竹と比較してみました。

Myテーブル竹とTAKIBI Myテーブル

Myテーブル竹にはオプションのMyテーブルハウスを付けてます

TAKIBI Myテーブル

サイズ 496×332×400(h)mm ⇒A3よりひと回り大きい
重量 2.9kg
耐荷重 15kg

Myテーブル竹

サイズ 450×335×385(h)mm ⇒ほぼA3サイズ
重量 1.8kg
耐荷重 5kg

Myテーブル竹とTAKIBI Myテーブルの天板の広さの比較

ちゃんと比べるまでは同じサイズかなと思っていましたが、実際にはTAKIBI Myテーブルの方がひと回り大きいです。

ナカやん

見てるようで見てないですね・・・^^;

ですが、左右にハンギングバー(切れ込み)がある分、物を置く有効面積としては同じぐらい。

耐荷重に関しては、ステンレス製であることや支柱があることもあって、15kgと5kgと3倍の差がありますね!

Myテーブル竹とTAKIBI Myテーブルの高さの比較

そして、実際に比べてみて一番「おっ!」と思ったのが高さが違う点。

TAKIBI Myテーブルは400mmに高さが設定されていて、IGT400脚やジカロテーブルと同じ高さに設計されています。

Myテーブル竹をジカロテーブルやIGTとセットで並べると、一段くぼんだ感じになってしまいますが、TAKIBI Myテーブルだとツライチにできます。

ナカやん

細かい点ですが、ナカやん的にこれはけっこう嬉しいポイントでした^^

Myテーブル竹の場合は天板に物を置くことしかできませんが、TAKIBI Myテーブルはハンギングバーがあることで色々と使い勝手が広がる点は、先ほど紹介したとおりです。

スノーピークのMyテーブル竹・Myテーブルハウス・Myテーブル ステンレストップ【SnowPeak代表作】Myテーブル竹(Myテーブルハウス+Myテーブル SUSトップ)をレビュー

フラットバーナーやHOME&CAMPバーナーの台座としてもイイ感じ

TAKIBI Myテーブルとフラットバーナー

キャンプでは焚き火の時以外にも、フラットバーナーや焼き上手さんαの台座としても使っています。

TAKIBI Myテーブルと焼き上手さんα

ジカロテーブルの上だと広さがちょっと足りないんですよね^^

SnowPeak フラットバーナー【SnowPeak フラットバーナー】開封の儀&キャンプに3回実戦投入してみての感想。イワタニのカセットガスホットプレート焼き上手さんα【キャンプに1台】イワタニ焼き上手さんαの万能さ加減に参っちゃう話。
HOME&CAMP バーナー

出典:SnowPeak

他にもHOME&CAMP バーナーの台座にもちょうど良さそう。

バーナーシートL

出典:SnowPeak

公式サイトではバーナーの下の熱さ対策としてバーナーシートLが推奨(?)で発売されていますが、これを敷いて使うのは見た目がちょっとイマイチ・・・

その点、TAKIBI Myテーブルであれば熱さを気にせず、見栄えもイイ感じで使えますね!

MEMO:天板は傷つきやすい
ジカロテーブルを使った時にも感じましたが、TAKIBI Myテーブルのステンレス天板はとても傷つきやすいです。

1回キャンプに持って行ったら、何かしらの傷は必ずつくレベル・・・。

アウトドア用品なんで使ってナンボの世界ですが、気にする人もいると思うので一応触れておきます。

撤収も簡単スピーディにできちゃいます

TAKIBI Myテーブルの収納カバー

TAKIBI Myテーブルを撤収する時は2本の支柱を外して、カバーを被せて折りたたむだけ。

カバーには持ち手があるので持ち運びもしやすいです(折りたたんだ状態では自立はしません)

TAKIBI Myテーブルの脚保護カバー

なお、収納時に支柱が当たる部分には、薄いビニールが巻かれて脚が保護されています。

ナカやん

傷の心配が少ないのは嬉しいですね^^

まとめ:一生モノのテーブルになりそう

火の粉が掛かっても心配なく、少々荒っぽく使っても大丈夫そうなTAKIBI Myテーブル・・・

グルキャンやファミキャンではちょっとしたサイドテーブルとして、ソロキャンであればこのテーブル+ステンレストレーがあればほぼ事足りそう。

もし足りなかったとしても、コンテナBOXのフタの上とかを上手に利用すれば、問題なさそうです。

値段はスノピ価格なので決して安くはないですが、作りが頑丈ですし自宅でも使えるので、一生モノになりそうな予感・・・

今後のキャンプでは必ず持って行くことになると思います!^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。