【無料の神キャンプ場】鶴見緑地キャンプ場の良さやイマイチな点をナカやんが解説!

【無料の神キャンプ場】鶴見緑地キャンプ場の良さやイマイチやナカやんが解説!

まいど、2018年の夏にデビューしてから2年で約30泊ほどキャンプに出撃してきたナカやん(logfarm111 logfarm111)です。

この記事では大阪市鶴見区にある無料のキャンプ場:鶴見緑地キャンプ場について詳しく解説しています。

この記事で紹介している内容
  • キャンプ場のサイト
  • 炊事場・トイレの様子
  • アーリーやレイトの時間
  • 薪・炭の販売 など・・・

これから鶴見緑地キャンプ場に行く予定がある方の参考になれば幸いです。

一言で感想を書いてしまうと、ガス缶が使えないというデメリットはあるものの、トイレや炊事場もコンパクトにまとまっていて、無料で使えてしまう神キャンプ場でした!

ナカやん

一般的なキャンプオフシーズンの平日であっても、なかなかの混みっぷりです😅

【出撃記録】鶴見緑地キャンプ場
【2020秋】無料の鶴見緑地キャンプ場でスーツケースソロキャンプ!【2020秋】無料の鶴見緑地キャンプ場でスーツケースソロキャンプ!秋の紅葉がキレイ

鶴見緑地キャンプ場の良い点・イマイチな点

最初に鶴見緑地キャンプ場のポイントを簡潔に。

良い点

  • 利用料が無料
  • サイト横にテーブル・ベンチ完備
  • 都会のキャンプ場なので何かトラブルがあっても何とかなる
イマイチな点

  • ガス缶が使えない(基本は炭のみ)
  • サイトが狭い&隣が近い
  • 車の横付けができない
  • ペット・花火・音楽は禁止

【良い点】利用料が無料

鶴見緑地キャンプ場でキャンプ!

鶴見緑地キャンプ場の利用料は無料!

通常、1サイト1泊3,000円〜5,000円あたりで設定されているサイト代金ですが、鶴見緑地キャンプ場はなんと無料!

後で紹介するようにイマイチな点もいくつかありますが、無料ならOKという人も多いはず・・・😁

公園に泊まるという非日常感(キャンプ気分)がお手軽に楽しめますね。

注意点としては、キャンプ場を利用するために1サイトに1テントを張ることが条件となっています。

ですが、ワンタッチテントなどのタイプでもOKなので、本格的なキャンプ装備を持っていない人でも、お試しでキャンプをするにはうってつけですね!

ナカやん

鶴見緑地キャンプ場では最大2泊までキャンプをすることができます。

【良い点】サイト横にテーブル・ベンチ完備

サイト横にテーブル・ベンチ完備

サイト横にテーブル・ベンチ完備

テントを張るサイト横に4〜6人用のテーブルとベンチがあります。

荷物置きや調理台、飲食スペース、洗った物やグランドシートの乾燥など自由に使えるので、とても便利です。

後で紹介しているように車の横付けができないため、持ち物を減らせるのは嬉しいですよね。

MEMO
以前までテーブル前にあった野外炉は現在撤去されているので、何かしらBBQ用のコンロを用意する必要があります(レンタルもできます)

【良い点】都会のキャンプ場なので何かトラブルがあっても何とかなる

キャンプ場から徒歩10分のファミマ

キャンプ場から徒歩10分のファミマ

公園の中にあるキャンプ場なので人通りもそれなりにありますし、歩いて10分ほどの所にコンビニ(ファミマやセブン)やイオン、コープもあります。

また、地下鉄鶴見緑地線「横堤駅」まで歩いて15分ほどでいけるので、何かトラブルや想定外のことがあっても何とかなりますよ(最悪帰れる)

夜の鶴見緑地キャンプ場

夜も街灯がついているので明るめ

夏場は分かりませんが、治安もそんなに悪くないと思うので、ソロキャンプなども安心して楽しめますね。

ナカやん

次のツイートのとおり、これまで全く見たことがありませんでしたが、女性ソロキャンパーを鶴見緑地キャンプ場で初めて見ましたw😲

【イマイチな点】ガス缶が使えない(基本は炭のみ)

真偽は分かりませんが以前、焚き火の熱でガス缶が爆発したとかの理由で、現在はガス缶禁止(カセットコンロも禁止)になっています。

売店で炭も販売していますが、炭をおこす手間もあるので正直お手軽さはありませんよね・・・

朝のコーヒーを飲むのにいちいち炭の準備をするのも大変です。

注意
他にも公式サイトでは「ビールサーバー、ガソリン、灯油、発電機、ガス、直火、薪、カセットコンロは持ち込み禁止」と表記されています。

【イマイチな点】サイトが狭い&隣が近い

鶴見緑地キャンプ場はサイトが狭いのでソロ〜デュオキャンぐらい向きです。

  • (大サイト)6m×4.5m 2サイト
  • (小サイト)3m×4.5m 8サイト

ファミキャンも一応できますが、ちょっと手狭かなと・・・

ソログルキャンは別ですが、グルキャンは厳しそうです。

また、サイト同士がけっこう近い距離にあるため、隣のキャンパーさんの話し声も聞こえますし、目線もあります。

プライベート感はほとんど無いと思っておいた方が良いですね。

【イマイチな点】車の横付けができない

柵の外に自転車は駐車可

柵の外に自転車は停めておけます

公園内にあるキャンプ場ということもあり、場内に車で入ることはできません。

なので、

  • ザック+手持ちで荷物を持ち込む
  • 自転車に荷物を乗せる(自転車はキャンプ場を仕切っている柵の外側に駐車可)
  • 駐車場に車を止めてワゴンなどで荷物を運び込む
といった方法で皆さん、キャンプをしています。

ナカやん

ナカやんはスーツケースを使って徒歩でキャンプ道具を運びましたw😁

ちなみに車を使うのであれば鶴見緑地公園の西駐車場が一番近いです。

西駐車場についてはコチラで紹介しています。

【イマイチな点】ペット・花火・音楽は禁止

  • 花火(手持ちも含む)
  • ペット(盲導犬・介助犬は除く)
  • 音楽(小さい音でもNG)

といった類は禁止です。

無料のキャンプ場ですし、このあたりはガマンしましょー。

花火をやっていることが発覚した場合、花火が没収になります。

鶴見緑地キャンプ場のサイト・設備紹介

鶴見緑地キャンプ場

鶴見緑地キャンプ場

場所

鶴見緑地キャンプ場は、大阪市鶴見区の鶴見緑地公園内にあります。

地下鉄鶴見緑地線の「横堤駅」や「今福鶴見駅」からも歩いていける距離にあり、大阪でもかなりアクセスの良いキャンプ場の1つだと思いますす。

高速を使えば大阪市内からであれば30分前後で着きますね!

ナカやん

遠出するには時間が足りない時や、サクッとキャンプ(デイキャンプ)したい時にうってつけです。

全体MAP

【全体MAP】鶴見緑地キャンプ場

【全体MAP】鶴見緑地キャンプ場

鶴見緑地キャンプ場の全体MAPです。

手前からサイト1〜5

手前からサイト1〜5(茶色のテントはナカやんが利用したサイト2)

炊事棟とサイト6〜8

炊事棟とサイト6〜8

写真のとおりそこまで大きいわけでもなく、入り口から一目でキャンプ場全体を見渡せる広さですね。

サイト

鶴見緑地キャンプ場には大・小2種類のサイトがあります。

(小サイト)3m×4.5m 1〜4番/7〜10番

鶴見緑地キャンプ場の小サイト

小サイト(サイト2)

鶴見緑地キャンプ場の小サイト

小サイト(サイト1と2)

鶴見緑地キャンプ場の小サイト

小サイト(奥からサイト7〜10)

(大サイト)6m×4.5m 5・6番

鶴見緑地キャンプ場の大サイト

大サイト(サイト5)

鶴見緑地キャンプ場の大サイト

大サイト(サイト6)

サイズのイメージ的には、3人用のドーム型テントぐらいであれば小サイト(3m×4.5m)で大丈夫です。

大サイト(6m×4.5m)は5人用ぐらいまでのイメージですね。

スノーピークでいえば、

  • ミニッツドーム(1〜2人用 230×235cm)小サイトにぴったり、前室の前に焚火台を置くスペースができる
  • アメニティードームS(3人用 355×230cm)小サイトであればほぼぴったり
  • アメニティードームM(5人用 505×280cm)大サイトであればOK
  • エントリー2ルームエルフィールド(4人用 600×315cm)大サイトでもハミ出ます
  • リビングシェル(4人用 455×415cm)大サイトで何とかギリギリ

といった感じです(ここで2ルームを立てようとする人は少ないと思いますが・・・😅)

また、全サイトのとなりにテーブル&ベンチがあり、自由に使うことができるのはポイントのところでも書いたとおり。

ペグをハンマーで打つ

ハンマーがなくてもそこら辺にある石で代用できます

地面の硬さに関しては全く問題ナシ。

硬すぎるわけでも、柔らかすぎるわけでもないので、ジュラルミンペグでも問題ないと思いますよ。

プライベートが多少でも欲しい人は・・・
プライベート感が欲しい人のテントの張り方
サイト同士の距離が近いので女性キャンパーさんだとプライベート感がちょっと気になる人もいるかと思います。

そういう人はサイト6〜10を予約して、テントの出入り口を外側にむける(炊事棟が後ろに来るように)設営するとプライベート感が多少でますよ😌

ちなみにサイト1〜5で同じようにすると、前の遊歩道を通る人たちからガンガン見られますw

利用料金(アーリー・レイト・キャンセル料)

キャンプ場の利用料は無料です。

なので、キャンセル料もありません。

ただ、ネットで枠を予約する形になるため、もし自分が利用しないことが分かった時点でキャンセル処理するようにしましょう。

なお、キャンプ場のキャンセル期限は利用前日の17時となっています。

注意
なお、食材などを申し込んだ場合のキャンセル期限は3日前の24時までです。それを過ぎると全額負担になるので注意してください。

アーリーチェックインやレイトチェックアウトに関しては、そういったシステム自体がありません。

前の人がすでに撤収していれば、多少早く入れる可能性もあると思うので、受付で相談してみるとイイと思います。

ナカやん

そんなにガチガチな感じもありませんでした😊

予約方法

デジキュー

デジキュー

キャンプ場の予約は電話とネットからできます。

ネットであれば、デジキューというBBQ場の検索予約サイトを通じて予約することになりますが、利用にあたっては会員登録をする必要があるので、できれば事前に登録は済ませておいた方がイイですね!(人気の日程はすぐに埋まるので)

予約は利用日の1ヶ月前の同日正午12時から予約できます。(例)8月15日の予約は7月15日の正午12時から 10月30日や31日の予約は9月30日の正午12時から

電話からでも予約できますが、結局ネットで予約を一括管理しているようなので、ネットからやっちゃった方が早いですね。

また、キャンセルについてもネット予約にしておけば24時間いつでも可能です。

ナカやん

ちなみにキャンセル待ちのシステムはありません。

サイトの利用時間は2部制となっていて、それぞれの枠を予約するイメージ。

時間は2部制

  • デイタイム(10:30〜17:00)
  • ナイトタイム(17:30〜翌日9:30)

デイ→ナイトを予約した場合は、もちろんブッ続けで利用できます。

また、連続の利用は4部まで(デイ・ナイト×2)となっています。

営業期間に注意
鶴見緑地キャンプ場の営業期間は3月〜11月末までとなっています。

また、定休日は月曜日(月曜が祝日の場合は休日明けの平日が休み)となっているので注意してください!

管理棟(受付)

管理棟(受付)

管理棟(受付)

こちらの建物が最初に立ち寄る管理棟(受付)です。

キャンプ場から道を挟んで向かい側、歩いて30秒です。

「無料」ということもあってか、カッチリ誓約書にサインしてからチェックインとなります。

鶴見緑地キャンプ場の誓約書

利用前に記入する誓約書

炊事棟

鶴見緑地キャンプ場の炊事棟

炊事棟

鶴見緑地キャンプ場の炊事棟です。

ドーム型の屋根があり、雨の日でも濡れずに洗い物などができます。

蛇口は全部で8個

蛇口は全部で8個(水のみ)

蛇口は計8個。サイト数が10なので、順番待ちをすることなくほぼ利用できますね!

食器を乾かしたり、一時的に置いておくスペースもあるので使いやすいです。

特に生ゴミが溜まっていたりといったこともなく、綺麗に管理されていました。

鶴見緑地キャンプ場のカマドは使用禁止

カマドは使用禁止に

なお、炊事棟に設置されていたカマド(写真ではコンロとなっています)は現在、利用禁止となっています。

灰捨て場

鶴見緑地キャンプ場の灰捨て場

灰捨て場

炊事棟のすぐ側にある灰捨て場。

ゴミ捨て場

鶴見緑地キャンプ場の有料ゴミ袋

有料でゴミ袋を購入して引き取ってもらうことが可能

鶴見緑地キャンプ場では基本的にゴミは持ち帰りになります。

ただ、有料で税込330円を支払えばゴミを引き取ってもらうことが可能です(ナイトタイムで帰る場合は持ち帰りが必須ですが、受付が翌朝オープンになる時に渡せばOK)

管理棟でお金を支払うとゴミ袋がもらえるので、そこに分別してゴミを入れ、スタッフの人に渡すという流れですね。

  • 燃えるゴミ
  • プラスチックゴミ
  • 資源ゴミ(缶・ビン・ペットボトル)

の3種類に分けることになります。

ナカやん

車であれば持ち帰って自宅で捨てることもできますが、徒歩キャンパーからすると非常にありがたいです😊

トイレ

鶴見緑地キャンプ場のトイレ

トイレ

キャンプ場の出入り口すぐのところにトイレがあります。

照明は暗めでしたが、普通に使えますし、トイレットペーパーもあります。

洗面台

洗面台

トイレ
和式トイレ

和式トイレ

洋式トイレ

洋式トイレ

午後6時から翌朝午前6時まで洋式トイレは閉鎖

午後6時から翌朝午前6時まで洋式トイレは閉鎖

ただし、最後の写真の洋式トイレ(多目的トイレ)は18時から翌朝6時まで閉鎖されるので注意です(和式トイレは24時間使用可能)

和式を嫌がる子供がいる場合は、洋式トイレが使えるところまで5分ぐらい歩かないといけないので、注意しましょう。

シャワー室・洗濯機(コインランドリー)・洗面台・AC電源

無料なので当たり前ではありますが、このあたりの設備はありません。

売店

鶴見緑地キャンプ場のレンタル用品

レンタル用品

鶴見緑地キャンプ場の売店販売品メニュー

売店販売品メニュー

管理棟にある売店では、BBQに必要なものや備品をレンタルしたり購入したりすることができます。

売店で売られているお酒やソフトドリンク

またお酒やソフトドリンクも販売されていますよ!

ナカやん

ナカやんが好きなカップ麺や食材関係の販売は見つけられませんでした😅

薪・炭の販売

まず、炭は管理棟で650円/3kgで売られています。

逆に、薪の販売はありません。

皆さん、公園内に落ちている木などを集めて焚き火をしている感じです。

ナカやんも公園を歩いて回って落ちている木を拾い、手斧やナイフで使いやすいサイズにカットして焚き火をしました。

鶴見緑地キャンプ場で集めた薪

鶴見緑地公園内で集めた焚き火用の木

ナカやん

キャンプした時期が11月だったのもあるかもですが、20分ぐらいまわると写真ぐらいの量の木が手に入りましたよ😁

もしかしたら薪を持ち込んでいる人もいるかもしれませんが、一応規約では持ち込み禁止になっています。

自動販売機

鶴見緑地キャンプ場の自動販売機

自動販売機

自動販売機は管理棟の外にあります。

自動販売機の値段
値段は普通です。

駐車場

鶴見緑地公園の西駐車場

鶴見緑地公園の西駐車場 出典:GoogleMap

鶴見緑地キャンプ場を利用しやすい駐車場

鶴見緑地キャンプ場を利用しやすい駐車場 元画像出典:花博記念公園鶴見緑地

駐車場は歩いて荷物を運ぶ場合は西駐車場が一番近い&使いやすと思います。

詳細は次のとおり。

【詳細】西駐車場

住所 大阪府大阪市鶴見区緑3-16
収容台数 69台(24時間入出庫可能)
料金
  • 昼間(7時〜19時)20分100円
  • 夜間(19時〜翌7時)120分100円
  • 24時間最大料金(平日700円・休日1,000円)

24時間経過後は、ずっと20分100円の通常料金に戻るわけではなく、再び24時間最大料金である1,000円が適用されるので安心です。

なので、土日の1泊キャンプであれば2,000円で多くの人は駐車料金が収まるはずです。

ただし、西駐車場は階段を登って橋(緑地西橋)を渡る必要があるので、ワゴンなどでコロコロと荷物を運ぶ場合は中央第2駐車場がオススメです。

料金体系などは西駐車場と同様で、収容台数は242台となっています。

参考 アクセス花博記念公園鶴見緑地

スマホ電波

大阪市内なので当然ながら電波ビンビンですw

電話やSNSも全く問題ナシですね。

利用者層

利用者層は様々。

人数的には皆さん1〜2人ぐらいで利用されていました。

ナカやんが利用した11月でいえば、

  • 20〜30代ぐらいの男性ソロキャンパー
  • 20〜30代ぐらいの女性ソロキャンパー
  • 30代ぐらいのママさんキャンパー
  • カップル(夫婦)デュオキャンパー
  • 50代ぐらいの夫婦でBBQ(ポップアップテントのみで泊まりナシ)

といった感じでほんと色々ですねw

ナカやん

夏休みやGWとかになると、もっとファミリー層とかが増えそうです。

キャンプファイアースペース

キャンプファイアースペース

キャンプファイアースペース

キャンプ場の一番奥にキャンプファイヤースペースがあります。

ただし、ここを使う場合は消防署に自分で届出をしないといけません(鶴見消防署 TEL:06-6912-0119)

利用は20時までと限られていますし届出も面倒だからか、あまり活用はされていない感じでした。

注意
キャンプファイアースペースの利用にあたっては、キャンプ場側にも併せて連絡しておく必要があります。

スーパー(買い出し)

買い出しに関しては周辺にスーパーがたくさんあるので、お好きなところでどうぞ。

  • イオン鶴見緑地店
  • 万代鶴見店
  • おおさかパルコープ鶴見店

徒歩キャンパーの方であれば今福鶴見駅で降りて、キャンプ場に向かう途中にある「万代鶴見店」や「イオン鶴見緑地店」あたりが便利です。

横堤駅からであれば「おおさかパルコープ鶴見店」がありますね。

また、コンビニも近くにあります。

  • ファミリーマート横堤4丁目店
  • セブンイレブン大阪鶴見6丁目店

どちらもキャンプ場からは徒歩10分程度ですね。

ファミリーマート横堤4丁目店

ナカやん

ナカやんはイオンで買い出しをしながらキャンプ場に向かい、夜にお酒が尽きたのでファミマにお酒を買いにいきました😁

温泉

お風呂に入りたい人はキャンプ場の近くに鶴見緑地湯元「水春」があります。

ただし、歩いて15分〜20分ほど掛かるので少し遠めですね・・・💦

営業時間

  • 平日・土:9:00~26:00(最終受付25時)
  • 日・祝 6:00~26:00(最終受付25時)

利用料金

  • 大人(中学生以上)平日820円/土日祝920円
  • 小人(小学生)平日410円/土日祝460円
  • 幼児(小学生未満)平日210円/土日祝260円
※レンタルタオルセット(バスタオル、フェイスタオル)250円
※ボディソープ、シャンプー、コンディショナーは備え付けアリ

【まとめ】鶴見緑地キャンプ場

鶴見緑地キャンプ場で焚き火
大阪市内にある無料の神キャンプ場:鶴見緑地キャンプ場の紹介でした!

野営感はないですし、大自然を満喫してキャンプ!というわけではありませんが、

  • 無料で使える
  • 最低限の共用設備は整っている
  • 大阪市内からアクセスが良い

という感じなので、お試しでキャンプをするにはうってつけかなと。

サイトが空いていれば当日予約→当日チェックインも可能なので、思いつきでキャンプ・デイキャンに行きたくなった時にも使えますね!

ナカやん

Twitterのタイムラインを見て、どうしてもキャンプしたくなった時にでも、サクッと利用したいと思います😁

では、最後にそっと飯テロしておきますw

【出撃記録】鶴見緑地キャンプ場
【2020秋】無料の鶴見緑地キャンプ場でスーツケースソロキャンプ!【2020秋】無料の鶴見緑地キャンプ場でスーツケースソロキャンプ!秋の紅葉がキレイ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA