ジカロテーブルとファイアグリルの相性Check!

【スノーピーク@大阪】SnowPeakのキャンプ用品を実際に確認したいならココ※追記進行中

スノーピーク箕面自然館

この記事って誰の役に立つの?
スノーピークの商品って金額が高いから、購入前にサイズや使い勝手を確認してみたいんだけど、、、大阪で品揃えや在庫数が多い店舗ってどこになるのかな?あと、テントやシェルターとかは実際に設営体験してみてからじゃないと、ネット通販でポチッとはしづらいなぁ。

こういったことが気になっている方に向けて、この記事を書いています。

スノーピークのキャンプギアってほんとお高いですよね(汗)

この丸い円形クッションが5,000円超え!?

おちょこ1つで3,300円!

布団が5万円超えるって、、、

はぁ!?バカかとアホかと・・・^^;

アメニティドームやエントリーパックTTあたりは比較的リーズナブル、というより性能からすると安いぐらいだと思いますが、これらの商品を1度購入した途端、スノーピークの世界に引きずり込まれます(笑)

次から次へとテーブルや椅子、小物系などをスノーピークで揃えたくなり、無制限にお金が飛びます。これぞまさに底なし沼。

実際にスノーピーカーの間では『IGTの沼』という言葉すらありますからねー、、、恐ろしい。

IGT(アイアングリルテーブル)とは?
スノーピークの他の商品や多彩なオプションと組み合わせることで、自分好みのキッチンやテーブルを作ることができるユニットシステムのこと。

つい前置きが長くなっちゃいましたが、そんな高価なキャンプギアですから、買った後に後悔したくないのはみんな同じだと思います。

お買いモノで失敗しないためにも、実際にリアルで手に取って購入前に確認するというのは非常に重要ですよね。

ここでは大阪のスノーピークを扱う店舗の中で、どの店舗が在庫や展示が多いのか、おすすめの店舗を紹介しています。

注意:記事は現在進行形でアップデートしていきます
記事では実際に行ったことのある店舗の紹介しかしていません。そのため店舗に行ったタイミングで記事内容を随時アップデートしていきます。記事を読むタイミングによって、オススメの店舗が以前から変わっている可能性がありますので、その点はご理解くださいませm(_ _)m

更新履歴
(2018年12月30日)スノーピークストア OUTSIDE THE BOX 堺北花田店を更新しました。
(2019年2月13日)スノーピークストア L-Breath powered by Snow Peakを追加しました。
(2019年5月9日)ビックカメラ なんば店を更新しました。
(2019年5月31日)おおさかキャンパルを更新しました。

【結論】どのスノーピークの店舗に行ったら良いの?

まず結論から完結に。

  1. 【1番オススメ】スノーピーク箕面自然館
    箕面まで行けるなら詳しい説明も聞けて実物も見れるので1番おすすめ。
    (住所)大阪府箕面市下止々呂美962
    (アクセス)大阪中心部から車で30~40分、箕面止々呂美インターからすぐ。千里中央駅や池田駅からバスで行くこともできます。
  2. 【商品について詳しく説明を聞きたい】スノーピーク ALBi大阪
    展示品は少なめですが、店員がスノーピーカーなので詳しい説明を聞くならココ。
    (住所)大阪府大阪市北区梅田3-2-135 ALBi大阪アウトドア内
    (アクセス)JR大阪駅桜橋口から横断歩道を渡った所にあるショッピングセンター:アルビの中。
  3. 【実際の商品を見てみたい&説明も聞きたい】スノーピークストア OUTSIDE THE BOX 堺北花田店
    ALBi大阪より展示品や商品ラインナップが多くて店員もスノーピーカー。
    (住所)大阪府堺市北区東浅香山町4丁1-12 イオンモール堺北花田 3F
    (アクセス)御堂筋線「北花田」駅2番出口より徒歩1分です。
  4. 【実際の商品を見てみたい】ヨドバシカメラ マルチメディア梅田店
    スノーピークの品ぞろえが豊富で展示品も多い。
    (住所)大阪府大阪市北区大深町1-1-3F
    (アクセス)JR大阪駅北側にあるヨドバシカメラの大きな建物です。

スノーピークの各店舗を紹介(※追記進行中)

スノーピーク箕面自然館・キャンプフィールド

スノーピーク箕面自然館の外観
キャンプフィールドが併設されたスノーピーク直営ショップ。

中に入ると体育館がショップになっています(なんか懐かしい・・・^^;)

販売面積もかなり広く、スノーピークの全ての商品を扱っていて、複数のテントやシェルターが展示されています。

訪れた時はエントリーパックTT・ランドロック・ラウンジシェル・ドックドーム Pro.6(アイボリー)の4種類が展示されていました。

エントリーパックTT

テントとタープがセットになっているエントリーパックTT

ランドロック

2ルームシェルターのランドロック

ラウンジシェル

中で炭火が使えるラウンジシェル

ドックドーム Pro.6 アイボリー

高級感のあるアイボリーカラーのドックドームPRO

店員さんも(当たり前ですが)スノーピークの製品を実際に使ったことのあるキャンパーさんばかりなので、リアルに使った時の感想やメリット・デメリットを教えてくれますよ。

スノーピークの箕面自然館で売られているテントやタープ

展示はされていませんでしたが、2018年新発売のスピアヘッド Pro(M・L)も扱っていました。実物を見たこともないこともあって個人的にすごく気になるー。。。

また、箕面自然館では2ヶ月に1回ぐらいの割合で設営講習会をおこなっています。毎回内容は違いますが、アメドやヴォールトあたりはよく設営内容に入っていますね。

過去の設営講習会ラインナップ例

  • ヴォールト
  • アメニティドーム
  • ランドブリーズ4
  • ランドロック
  • HDタープヘキサL
  • ヘキサエヴォPro

事前に連絡しておけば、購入を検討しているテントやタープなどの設営もやってくれるので、積極的にお願いしましょー。

テント・タープ以外にももちろん焚火台関係や、ほおずきやバーナー、焼武者、ジカロテーブル、IGTシステム、ポール・ペグ・ハンマーなど一式展示されています。

スノーピークの焚火台
スノーピークのバーナー類や照明
スノーピークのIGTシステム
スノーピークのポールやペグ、ハンマー

実物を見ていると、買うつもりが無くても買っちゃいそうになるので、これから箕面自然館に行く人はぜひ注意してください!(笑)

ちなみに、併設されているキャンプフィールドでは、これからキャンプを始めてみたい人向けに「手ぶらキャンププラン」というプランがあります。

キャンプに必要な道具は全て用意してくれて、利用料金は1組5名までで48,600円(税込)。

手ぶらでキャンププラン(用意してくれる道具一覧)

・オールインワンテント(ランドロック)
・シュラフ
・テーブル&チェア
・キッチンセット(IGTでシステム構成)
・ランタンセット(ガスタイプ・LEDタイプ)
・クッカーセット(鍋セット、フライパン)
・トラメジーノ(ホットサンドクッカー)
・キッチンツール(レードル、ターナー、菜箸)
・食器セット・スプーン・フォーク・割りばし
・まな板セット(まな板+包丁)
・焚火台&BBQグリル(黒炭・マキ含む)

食材や飲み物の用意は別途必要になりますが、テントの設営・撤収のアドバイス、火やギアの取扱いについての説明などをスタッフから直接教えてもらえます。

実際に自分が購入したい製品が含まれているのであれば、この「手ぶらキャンププラン」を利用してみるのもアリですね。

すでにテントやらチェアはすでに持っているのであれば、製品ごとに個別のレンタルもあるので、箕面キャンプフィールドでキャンプをする時に借りてみてください。

スノーピーク箕面自然館 店舗情報
スノーピーク箕面自然館の標識サイン
スノーピーク箕面自然館前のキャンプフィールド
住所 大阪府箕面市下止々呂美962
営業時間 10:00~19:00
定休日 毎週火曜日(祝日・繁忙期は営業)
電話番号 072-732-2588
URL https://sbs.snowpeak.co.jp/minoh/

スノーピーク ALBi大阪

スノーピーク ALBi大阪
スノーピークの直営店舗ですが、展示品は多くなく設営されているテントは写真手前の1つと奥に見えているソロ用のテントのみ。

スノーピーク ALBi大阪の半分はアパレル
ALBi自体がアウトドア&ファッションのお店だからか、キャンプギア系とアパレル系が半々ぐらいの面積になっていて、アパレルにあまり興味がない僕としてはちょっと物足りなさもありました。

場所は大阪駅からすぐ近くなので、アクセスはいいんですけどね・・・

スノーピーク ALBi大阪の店内1

スノーピーク ALBi大阪の店内2

行ったタイミングが秋口だったので、鍋やらストーブが展示されています。

スノーピーク ALBi大阪の店内3

ジカロテーブルや焚き火セット、2018年の新製品であるジャグもありました。

働いている店員さんはキャンプや製品に非常に詳しく、丁寧に説明してくれます。

先日も「ラウンジシェル」という少しマニアックなシェルターについて

ラウンジシェル

唯一シェルター内で炭火が使える「ラウンジシェル」

  • 冬は寒くないのか?(⇒換気機能が優れているので寒い)
  • 設営方法や対応人数について(⇒そんな難しくはない、対応人数は6人ぐらい)
  • 他のテントの連結について(⇒可能)
  • 中心の穴は閉められないのか?(⇒絞って閉めることが可能)
  • 中で寝ることはできるのか?(⇒可能)

など細かく聞いてきました。

やっぱり実際に使った人の説明は説得力が違いますね^^

商品について詳しい説明を聞きたいという人で、箕面まで行っとれん!という人は、こちらのスノーピーク ALBi大阪で十分だと思います。

ALBi大阪のモンベル
ALBi大阪のショップインフォメーション

他にもALBi大阪内には、モンベルやコロンビア、A&Fカントリーなど様々なアウトドアショップが入っているので、スノーピークに行ったついでにそういったお店に寄るのもイイと思いますよ!

スノーピーク ALBi大阪 店舗情報
スノーピーク ALBi大阪
ALBi大阪のスノーピークの壁
住所 大阪府大阪市北区梅田3-2-135 ALBi大阪アウトドア内
営業時間 11:00~21:00
定休日 12月31日・1月1日
電話番号 06-6147-6656
URL https://sbs.snowpeak.co.jp/albi_osaka/
ALBi大阪(アウトドア)【関西の方へ】ALBi大阪のキャンペーンでSnowPeakギアを実質23.5%引きで購入可能!

スノーピークストア OUTSIDE THE BOX 堺北花田店

スノーピークストア OUTSIDE THE BOX 堺北花田店
世界最大級の無印良品の店舗があり、無印が本格的に食品を扱いだしたということで、TVなどでもよく取りあがられていたイオンモール堺北花田店。

もともと無印良品が目的で行ったのですが(スノーピークじゃなくてスミマセン、、、笑)3階のOUTSIDE THE BOXという店舗にスノーピークの取扱いがあります。

ちょうどアメドとヴォールトの設営講習会が土日の2日間で行われていて、店員さんも商品知識はかなり詳しめでした。

展示しているギアの種類は、ALBi大阪より多いですが、ヨドバシよりは少ないという感じですね。

リビングシェルロング Pro. アイボリー

先日、スノーピークの新製品:リビングシェルロング Pro. アイボリーをチェックしに行ってきたのですが、以前に行った時よりも商品展示数が増えてました(以前はOPENして日が経ってなかったからかもしれませんね・・・)

スノーピーク2019新製品

スノーピークストア OUTSIDE THE BOX 堺北花田店のテント

スノーピークのテントもモリモリあります。

スノーピークのテントとポール
スノーピークのエントリーテント

エントリー向けのエントリーパックTTや新製品の2ルームシェルターのエルフィールドも。

スノーピークの寝袋やシュラフ

スノーピークの寝袋やシュラフももちろんあります。

スノーピークのバーナーや火器類

スノーピークの小物類

スノーピークのバーナーや火器類やマグなどの小物類も。

ランドロック

OUTSIDE THE BOX 堺北花田店はお店の中央に広めのテント展示スペースがあり、ここでテントの展示が常時されています。

リビングシェルロング Pro.だけでなく、ランドロックも余裕で張れます。

スノーピーク ALBi大阪の場合はそもそも店舗スペースが小さく、店舗の半分がアパレルで占められています。

なので、テントが設営されていたとしてもアメドやヴォールトぐらいで、大幕のランドロックやリビングシェルロングを張るのはかなり厳しいと思います。

箕面はもちろん梅田もちょっと遠い!という人や大阪南部に住んでいる人にはオススメの店舗ですよ!

スタッフさんもキャンパーさんなのでスゴイ詳しいです。

OUTSIDE THE BOX 堺北花田店 店舗情報
住所 大阪府堺市北区東浅香山町4丁1-12 イオンモール堺北花田 3F
営業時間 10:00~21:00
定休日
電話番号 072-225-4157
URL https://sbs.snowpeak.co.jp/70/index.html

ヨドバシカメラ マルチメディア梅田店

ヨドバシカメラ梅田店のスノーピークコーナー
ヨドバシカメラ梅田店の3階で、スノーピークの製品が展示・販売されています。

先ほど紹介したスノーピーク ALBi大阪の3倍ぐらいの面積があり、スノーピーク含めて様々なメーカーのキャンプグッズが置いてあります。

特に

  • SnowPeak
  • LOGOS
  • OGAWA
  • Coleman
あたりのブランドが、かなり場所を取って紹介されている印象でした。

スノーピーク
ロゴス
小川キャンパル
コールマン

そして、他にもWeber(2バーナーガスグリル)やDometic(ガス式クーラーボックス)といった、あまり聞いたことのないアウトドア商品の販売もされています。

とにかくキャンパーなら行っただけで、テンションが上がる感じですね^^

ランドロック

スノーピークで言えば、ランドロックやアメニティドームMが設営されていて、ギアや小物系も豊富に展示されています。

アメニティドームM

以前はアメドの代わりにエントリーパックTTが設営されていたこともあり、時期によって変わります。

スノーピークのチェアや焚火台

スノーピークのマグやカラトリー

実際に手にとって使い方を確かめたり、クーラーボックスであれば容量やボックス自体の重さを確認できたり、チェアの座り心地を体感できるなど色々な商品を一気に見ることができますよ!

ギガパワーLIストーブ剛炎

キャンプでパラパラチャーハンが作れるギガパワーLIストーブ「剛炎」欲しい・・・けど、高い・・・

スノーピーク ALBi大阪よりも断然ギアの数は多いのでオススメです。

スノーピークのテントやシェルター

もちろんテントの在庫も数多くありますよ!

他のブランドと比較して決めたい、迷っているのであれば、ヨドバシカメラがイイですね。キャンプ初心者の人にとってもすごい楽しめると思います。

ちなみにALBi大阪とは徒歩5~10分もあれば行き来できるので、どっちも行っちゃいましょー!

ヨドバシカメラ マルチメディア梅田店 店舗情報
ヨドバシカメラ マルチメディア梅田店
ヨドバシカメラ マルチメディア梅田店フロアマップ
住所 大阪府大阪市北区大深町1-1 3F
営業時間 9:30~22:00
定休日 年中無休
電話番号 06-4802-1010
URL https://sbs.snowpeak.co.jp/40/

スノーピークストア L-Breath powered by Snow Peak

スノーピークストア L-Breath powered by Snow Peakの入口
大阪城公園すぐそばの森ノ宮駅。その森ノ宮駅から徒歩1分の『もりのみやキューズモールBASE』に、スノーピークストア L-Breathが入っています。

MEMO
『L-Breath』とは、スポーツ用品で有名なXEBIOグループが展開しているブランドの1つで、アウトドアを専門に扱うお店のブランド名のことです。
スノーピークストア L-Breath店内のアパレル製品
スノーピークストア L-Breath店内のアパレル製品や鞄
店内はキャンプのオフシーズンということもあってか、半分ちょっとがアパレルのスペースになってました。

そして、残りの半分弱がスノーピークの製品で占められていました。

アイテム数は感覚的にOUTSIDE THE BOX 堺北花田店よりも若干少なめですね。

ちなみにスノーピーク以外にUNIFLAMEやLOGOS、Coleman、CHUMSなどのアイテムの取り扱いが少しですがありますよ。これらはOUTSIDE THE BOX 堺北花田店にはありません。

スノーピークの2019年新製品

入り口から入ってすぐのところに、2019年の新製品たちとエントリー2ルーム エルフィールドを設営。

エントリー2ルーム エルフィールド前方
エントリー2ルーム エルフィールド後方
エントリー2ルーム エルフィールド【SnowPeakエルフィールドの実物レビュー】ランドロックと徹底比較!

店内はそこまで広々としているわけではなく、この時はテントもこの一張りが限界。

けっこうキツキツな印象です・・・もう少しアパレルが少なければ2張ぐらいはいけそうですけどね^^;

スノーピークのテント

アメドやドックドーム、ランドロック。

スノーピークのシェルターやタープ

リビングシェルなどのシェルターとTAKIBIタープ。

スノーピークのバーナー類

ジカロテーブルや焚火台

バーナー類やジカロテーブル&焚火台ももちろんあります。

スノーピークのチェア
スノーピークのポールやハンマー、ソリステ

チェアやオフトン、ポールなど。

LINE FRIENDSとスノーピークのコラボマグの

オンラインストアでは売り切れていたLINEとのコラボマグも残っていました。

UNIFLAMEのファイアグリル

ナカやんも持っているファイアグリルなどのUNIFLAME製品も。

fan5DXやユニセラTGのロング

名作として名高いfan5DXやユニセラTGのロングバージョンもあって、人気のものを置いているなという印象ですね。

CHUMSのキャンプギア

CHUMSの可愛らしいキャンプギア。写真には無いですが、真っ赤なCHUMSのクーラーボックスがすごいオシャレで目立つので個人的に気になってます^^

L-Breath powered by Snow Peakはスノーピークストアなので専任のスノピー店員(店長)が常駐しています。

商品の詳しい使い方や、キャンプの注意点など詳しく聞くことができると思いますよ!

展示品・廃盤品がセールに

ちなみに、お店の中央には店限定の展示品・廃盤品が20~30%オフで売られていました。カタログ落ちしてしまったソル Pro. もありましたよ。

スノーピークとは直接関係ないですが、キューズモールの屋上には人工芝を敷き詰めたランニングトラックが設置されています。

ヘルスエイドエアトラック

無料で入ることができて、一番外の「WALKレーン」であれば歩いて周回することもできます(走らなくてもOK!)

キャンプギアのチェックついでに、天気の良い日であれば体を動かしてみるのもいいかもしれませんね^^

スノーピークストア L-Breath powered by Snow Peak 店舗情報
もりのみやキューズモールBASE
スノーピークストア L-Breath powered by Snow Peak
住所 大阪府大阪市中央区森ノ宮中央二丁目1-70
営業時間 10:00~21:00
定休日
電話番号 06-6910-1550
URL https://sbs.snowpeak.co.jp/53/

アウトドア・カントリー 錦ロイヤル

自転車やカヌー、カヤックといったアウトドア商品が多く展示されている錦ロイヤルですが、スノーピークの商品も取り扱いがあります。

展示数としてはALBi大阪より少し多めぐらいで、棚にトコロ狭しと商品が置かれていました。

ですが、箱に入った状態で展示されているものも多いので、あまり触って確かめられる感じはありません。店舗に行った時はテントの設営もされていませんでした。

ちなみに錦ロイヤルではユニフレームSOTOなどの製品も数多く置かれています。

※当ブログ:LogFarmの開設前だったので写真などの撮影ができておりません、、、スミマセン。

錦ロイヤル 店舗情報
住所 大阪府堺市堺区錦綾町2-1-18
営業時間 平日 11:00~19:00/日・祝日 11:00~18:00
定休日 火曜日
電話番号 072-229-5536
URL http://www.nishikiroyal.com/

おおさかキャンパル

おおさかキャンパル
大阪の八尾市にあるアウトドア専門店がおおさかキャンパルです。

最寄りのJR久宝寺駅から徒歩20分と、車が無いとなかなかアクセスしづらい立地にあります。

スノーピークの製品は錦ロイヤルと同じぐらい。

スノーピークのテントやシェルター

天井付近までテントやシェルターが積まれています。

スノーピークのキャンプ道具

他の小物やツール類もボチボチ充実。

スノーピーク以外では

  • Petromax
  • UNIFLAME
  • CHUMS
  • SOTO
  • PRIMUS
  • Coleman

あたりのブランドが展示されています。

ユニフレームのユニセラTG-Ⅲロング

ユニセラTG-Ⅲロング

チャムスのブービーマルチハードケース

ブービーマルチハードケース

ただし、店舗自体は大きいわけではなく、ドンキのように商品がガンガン上に積まれている感じ。テントなどの実物の設営は見た感じ無さそうでした。

様々なブランドのランタン

あと特徴としてはランタンが多めに展示されています。

ランタンや火器類

壁一面に並ぶランタンや火器類

スノーピークのオンラインや直営店、ヨドバシカメラにも在庫が無かったギガパワー BFランタンをはじめ、写真のように数多くのランタンや火器類が壁一面に並べられていましたよ。

店長?店員?さんも夫婦でやっておられるような感じで、お店の雰囲気もアットホームな感じですね^^

おおさかキャンパル 店舗情報
住所 大阪府八尾市南太子堂5-3-7
営業時間 平日 10:30~19:00/土・日・祝日 10:00~18:30
定休日 火曜日
電話番号 072-929-1010
URL http://osaka-campal.co.jp/

ビックカメラ なんば店

ビックカメラ なんば店のスノーピークストア
ビックカメラ なんば店の7階にスノーピークの商品が置かれています。 2019年5月現在は5階のゴルフ用品売り場横に移動になっています。

ビックカメラ なんば店のスノーピークストア

5階に移動してからは以前よりもスペースが縮小され、テントの展示もナシ。スノーピーク製品は以前と同じぐらいありますが、ロゴスやコールマンの製品はほぼ無くなっています。

(7階にあった頃の展示の様子)

ビックカメラ なんば店のスノーピークストア

スノーピークのテント

アメドMが設営されているぐらいで、商品展示点数もそこまで多くありません。11月に行った時はオフシーズンだったからか、アメドも無残に崩れていました・・・笑

スノーピークのポール
スノーピークのオフトンやギア

展示品は焚火台とコットぐらいで、色々なメーカーの商品がゴチャ混ぜ。小物系の取扱いもありますが、そこまで多くはありません。

ロゴスやコールマンのキャンプギア
ちなみにスノーピーク以外ではロゴスやコールマンの製品も少し並べられていますよ。

なお、購入時にビッグカメラのポイントが10%付くので、その分、多少安く購入することはできます。

ビックカメラ なんば店 店舗情報
住所 大阪府大阪市中央区千日前2-10-1
営業時間 10:00~21:00
定休日 年中無休
電話番号 06-6634-1111
URL https://www.biccamera.com/bc/i/shop/shoplist/shop013.jsp
今後、新しい店舗に行ったタイミングで随時更新していきますね!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。