【出撃記録】ビラデスト今津のグループサイトに出撃!プライベート感満載のGサイト

【出撃記録】ビラデスト今津のグループサイトに出撃!プライベート感満載のGサイト

まいど、ナカやん(logfarm111 logfarm111)です。

前回の白川渡での雨撤収キャンプから10日後・・・

5月15日から1泊で、ビラデスト今津のグループサイト(Gサイト)に4家族で出撃してきました!

ちなみに今回も雨撤収キャンプです(2連チャン・・・^^;)

ここではその時のキャンプの様子について書いていきたいと思います!

ちなみに、ビラデスト今津のフリーサイトや共用設備(炊事場・トイレなど)については、次の記事で詳しく紹介しています。

MEMO
ちなみに今回利用したグループサイトから一番近い炊事場やトイレは、フリーサイトから一番近い炊事場・トイレと同じです。
スノーピークのアイボリータープ【キャンプ場レポ&出撃記録】ビラデスト今津のフリーサイトにスノーピークのアイボリー村が完成! 参考 【公式】ビラデスト今津滋賀県のびわ湖を望む高規格オートキャンプ場

ビラデストの予約システムが変更に

ビラデスト今津の予約システム

1サイトごとに入力する必要がある予約システム

これまではビラデスト今津のフリーサイトを好んで利用してきましたが、いつの間にやら(今年から?!)予約システムが変わり、複数サイトを一気に予約することができなくなりました。

2サイト以上取るには、1サイトずつ個人情報などを入力して予約を繰り返す必要あり。

ビラデスト今津では3ヶ月前の1日午前9時からヨーイドン!で予約受付が始まります(予約はWEBサイトのみ)

なので、2サイトぐらいはなんとか取れても、3サイト以上となると他のキャンパーさんが予約を先に押さえてしまうので、オンシーズンの土日とかはかなり厳しいのです。

今回も最初はフリーサイトで、と考えていましたが、3人掛かりで予約しても必要数分を予約できず・・・

なので4サイト分の広さがあるグループサイト(Gサイト)を初めて利用することになりました^^

グループサイトの特徴(メリット・デメリット)

グループサイト(Gサイト)

グループサイト(Gサイト)

グループサイト(Gサイト)の料金などは次のとおり。

グループサイト

1泊料金:(平日)5,000円(ハイシーズン)5400円 ※テント4張まで
駐車可能台数:最大4台(2台目以降は1台につき1,500円追加)

サイトの特徴を簡潔に説明すると、

グループサイトの特徴
  • 約370平米の芝生サイト(通常の高規格サイトで1サイト100平米程度)
  • 周りが木々に囲まれているのでプライベート感アリ
  • 隣の個別サイト(A〜C)とは段差でゆるく仕切られている
  • 料金は4サイト分で9,900円なので割安(ハイシーズン料金5,400円+車代1500円×3台※1台はサイト代に込)
  • アーリーチェックインの料金がとてもお得(レイトアウトも同様)
  • トイレや共同炊事場が約200mの坂を下ったところにあるので少し遠い

といった感じ。特にテントを4つ張って4組で利用するのであればお得です(3つだと普通ぐらい)

またアーリーチェックインの料金についても、30分150円で利用可能なので、通常13時インを4時間前倒しして9時にしても追加で1,200円しか掛かりません。

グループサイト=4サイト分なので、アーリー料金も1,200円×4サイト分かと最初は思っていましたが、”グループサイト”という1サイトでのカウントになります。

ビラデスト今津のグループサイト(Gサイト)のマップ

特徴最後のトイレや炊事場の距離さえ目をつぶれば、ここはココで広くて使いやすいサイトだと思います。

注意
イラストMAP上だとトイレや炊事場が近くにあるかのように錯覚すると思いますが、大人の足で片道2〜3分ぐらいの距離があります^^;
隣の個別サイト(Aサイト)から見たグループサイト

隣の個別サイト(Aサイト)から見たグループサイト(奥側)

隣の個別サイト(Aサイト)とは、目隠しにならない程度の植込みと段差(坂道)で緩く仕切られています。

Gサイトから坂の上へとA〜Cサイトが並ぶ

Gサイトから坂の上へとA〜Cサイトが並ぶ

ビラデスト今津のAサイト(個別サイト)

Aサイト

ビラデスト今津のBサイト(個別サイト)

Bサイト

ビラデスト今津のCサイト(個別サイト)

Cサイト

ちなみにグループサイト(Gサイト)のさらに上にある個別サイト(A・B・Cサイト)に関しては、個人的にイマイチかなと。

グループサイトと同様、トイレ・炊事場から遠いですし、通常のAC電源無しサイトより少しだけ広いものの、料金も少し高いので、料金的なメリットもありません。

同じぐらいの料金を払うのであれば、通常のサイトを利用した方が良いかと・・・。

ナカやん

他に空きがなくて本当にどうしようもない時とかの選択肢になるかも・・・ぐらいですかね^^;

ビラデスト今津に到着〜アーリーチェックインがお得

ビラデスト今津のフラッグ

大阪から約2時間かかって山の上にあるビラデスト今津に到着!

平地を車で走っていた時は半袖で十分なぐらい暑かったのですが、やはり山の上に来ると少し肌寒いです。

であいの館(総合案内所)

であいの館(総合案内所)

まずは総合案内所「であいの館」でチェックインをおこない、車でグループサイト(Gサイト)へ向かうことになります。

今回は通常13時チェックインのところ、1,200円(30分150円)を追加で支払って朝9時過ぎからインしました!

ビラデスト今津のアーリーチェックインの料金

アーリー・レイトの料金

ナカやん

グループサイトのアーリー料金はかなり安いので、できるだけ早く行くことをオススメします^^
カップ麺などの食料類
紙皿や紙コップなどの日用品
炭や薪
豊富なキャンプのレンタル用品
総合案内所は

  • 食料や調味料
  • 紙皿・紙コップなどの日用品
  • 炭・薪
  • レンタル用品

など、ラインナップがかなり充実しています。

グループサイトにテント&タープを設営開始

ビラデスト今津のグループサイト

グループサイト

ここが今回のキャンプ地、グループサイトです。

芝生と土が入り混じったようなサイトで地面はイイ感じの硬さ。ペグも打ち込みやすく、しっかりと地面に食い込むのでストレスがありません。

MEMO
ただし、水捌けはそこまでよくなく、雨が降った2日目は土の部分がかなりドロドロになりました^^;
TAKIBIタープ オクタとヘキサエヴォ Pro.

TAKIBIタープ オクタとヘキサエヴォ Pro.

ササッとTAKIBIタープ オクタとヘキサエヴォ Pro.の2つのタープを設営。その周りにテントを4つ。

設営前は少し寒かったものの、設営してるうちに体もポカポカ。

タープの下のレイアウト

この時は梅雨入り直前(翌日は朝から雨確定)でキャンセルも多かったようで、隣の個別サイト(A〜Cサイト)の利用者はゼロ。それもあってプライベート感満載です。

ちなみにトイレに行く時にフリーサイトも見ましたがデイキャンのグループが1組だけで、宿泊キャンプはゼロ・・・

ナカやん

雨が確定している時に、キャンプに行く人は一般的には少数派ですよね・・・^^;

今回のキャンプ飯

キャンプ飯
今回のキャンプ飯は家族ごとの持ち寄りスタイル。ラインナップはこんな感じになりました。

  • ハンバーガー
  • ポテトフライ
  • 唐揚げ
  • ローストビーフ
  • お好み焼き(モダン焼き)
  • トマトとオリーブのパスタ
  • お漬物・ピクルス

お昼ゴハン(ハンバーガーやポテトフライ)が終わると、子供たちは隣の個別サイトが空いているので隣のサイト内で遊びまくり。

貸切状態だったので他のキャンパーさんや車に気を遣う必要がなかったので楽チンでした。

薪割りと焚き火

夕方になるとみんなで薪割り。グループサイトはすぐ側が林になっているので、焚き火の材料となる小枝や木がたくさん落ちています^^

夜のグループサイト

夜の雰囲気はこんな感じ。自分たちのグループしかいないので、周りはもちろん真っ暗・・・ほんと闇深い感じです。

焚き火

子供の寝かしつけが終わると、タープを離れて焚き火をしていましたが、夜10時ぐらいから雨がパラつき始めたため、TAKIBIタープの下へ。

リトルランプノクターン

前日に3時間ぐらいしか寝ていなかったこともあり、夜12時頃にはチェアで寝てました・・・汗

片方の靴が無い!!衝撃の2日目

片方のクロックスが・・・無い!!!

片方のクロックスが・・・無い!!!

2日目。明け方になると雨足がかなり強くなり、雨の音で起床。

外に出ようとすると衝撃の光景が。

クロックスの片方がない・・・滝汗

ミニッツドームの前室でちゃんと靴を揃えて向きも整えてから寝たはず・・・。なのに片方が前室の外に、もう片方は無くなっていました。

最初は子供のイタズラかなと思いましたが、皆んなまだ寝ています。

そして、クロックスのみならず、朝ゴハン用に取っておいたパンもありません。そしてゴミ箱も倒されて荒らされ、テーブルには泥のついた足跡も。。。

後からキャンプ場のスタッフに聞いてみると、どうもお猿さんの仕業のよう。

これまで何度もビラデストは利用してきましたが、初めての経験です。

グループサイト(Gサイト)や個別サイト(A〜Cサイト)は他のオートサイトやフリーサイトよりも山に近いので、狙われやすいのかもしれません。

注意
これから利用される方は、寝る前にきちんと食料をしまって、ゴミ箱にもフタをしてガードするようにしてくださいね(あとクロックスは厳重に保管してくださいw)

2日目は残った食材を食べ、雨が降る中での撤収作業!

この前の白川渡オートキャンプ場に引き続きの雨撤収です^^;

未明頃からかなりの土砂降りだったこともあり地面はぐちょぐちょ。テントやペグが泥まみれ状態での撤収作業でした。

ちなみに雨の時に厚めのブルーシートなどがあると、その上のタープなどを下ろすことができるので、1枚あるととても便利ですよ!

帰りは風街道具店(高槻店)へ

風街道具店 高槻店

帰りは風街道具店の高槻店へ

帰りは大阪への帰り途中にあった風街道具店 高槻店に寄ってみました。

大山崎の本店は何度か行ったことがありますが、こちらは初めて。

風街道具店の前は芝生の広場

ここでグチョ濡れテントとタープを乾かして〜!w

安満遺跡公園という、かなり広くて芝生が気持ち良さそうな公園の中にあります。

風街道具店の高槻店の入り口

カフェからも入れますし

風街道具店の高槻店の勝手口

建物横の勝手口からも入れます

通り沿いにカフェの入り口があるので、そこから入れますが、最初はちょっと入口が分かりづらいと思います(カフェと中でつながっている)

また建物の勝手口っぽいところから、入ることもできますよ!

薪が乾燥させられてます

薪が乾燥させられてます

目印はガサッと置かれた薪です(たぶんカフェで使うピザ窯用かなと・・・)

風街道具店高槻店の店内

高槻店の中はこんな感じ。ぶっちゃけそこまでアイテム数は多くありません。ざっくり大山崎の本店の半分ぐらい。。。

風街道具店高槻店の店内

この時はユニフレームの新商品や、クレイモアの扇風機、フュアーハンドジンクなどがありました。

今回は特に欲しいものもなかったので、まさかの無傷で生還w

また近くに来ることがあれば寄りたいと思います!

ナカやん

ちなみに盗られたクロックスは新しく買い直しました^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA