スノーピーク雪峰祭2019秋の参加レポ!

【家賃をメニュー化して空室対策】複数のプランを作って入居を促進

電卓で家賃を計算

この記事って誰の役に立つの?
内見後になかなか入居まで至らず困っている人に向けて、この記事を書いています。

家賃をメニュー化してみる

賃貸物件は

  • 家賃●万円
  • 敷金●ヶ月
  • 礼金●ヶ月
  • 更新料が2年に1回で家賃●ヶ月分

といった感じで、通常は金額設定が1つです。

家賃をメニュー化するというのは、次のようなものです。

※話を単純にするために火災保険やカギ交換などの費用は省いています。

【Aプラン】(4年間住むのであればおトクプラン)

家賃 5.5万円
敷金 2ヶ月
礼金 1ヶ月
更新料 ナシ
前家賃 5.5万円
仲介手数料 5.5万円
初期費用合計 27.5万円
合計費用(2年間) 159.5万円
合計費用(4年間) 291.5万円

【Bプラン】(2年で退去するならおトクプラン)

家賃 6万円
敷金 0ヶ月
礼金 0ヶ月
更新料 6万円
前家賃 6万円
仲介手数料 6万円
初期費用合計 12万円
合計費用(2年間) 156万円
合計費用(4年間) 306万円

家賃をメニュー化するとは、上記のような家賃プランを設定することで、入居希望者に好きなプランを選んでもらうという空室対策です。

ライフステージによっても選ぶプランは変わる

ライフステージ
Aプランの方が初期費用はちょっと高くつきますが、4年間以上住む前提であればおトクです。

Bプランは最初から2年で退去する前提であれば安く済みますし、初期費用もAプランの半分以下ですみます。

独身時代であれば2年ぐらい経つと、今の住まいに飽きてしまうので、ナカやんであれば間違いなくBプランを選ぶと思います。

ただ子供がいたりして、長期間住むことがすでに分かっているファミリーであればAプランを選ぶかもしれません。

人それぞれの考え方がありますし、ライフステージによっても選ぶ選択肢は変わってきますので、幅広い選択肢を用意しておくとイイと思います。

ただ、メニュー化することで、家賃の管理がちょっと面倒だったり、現場が混乱してしまったりする可能性が高くなるので、管理会社とのコミュニケーションはしっかりと取っおくことが大事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。