12月6日からALBi大阪にてポイント10倍キャンペーン開催!

【スマホ全盛時代に!】インターネット(Wifi)無料物件に変更する

スマホを操作する女性

この記事って誰の役に立つの?
入居が決まりきらずに困っている人に向けて、この記事を書いています。

インターネット・Wifi設備はインフラになりつつある

今や生活に欠かせないものとなっているインターネット。

全国賃貸住宅新聞が全国の不動産会社から回答を得て調べている【入居者に人気の設備ランキング】でも、インターネット無料(Wifi・無線LAN)は常連です。

単身者向け:4年連続1位(2015年・2016年・2017年・2018年)
ファミリー向け:3年連続1位(2016年・2017年・2018年)
※ちなみにファミリー向けの2015年1位は「追い炊き機能」で、「インターネット無料」は4位。

賃貸住宅新聞によれば、インターネット無料物件なら家賃は2,000〜3,000円ほど上げられる(入居者からすると自分で新たに契約しなくて済む)ということなので、同グレードの競合物件であれば高めの家賃設定でも勝てる可能性が高いですね^^

今のスマホの料金体系では通信量に上限があることが多く、上限を超えると速度制限が掛かります。

制限を解除して速度を戻すには翌月まで待つか、追加料金を別途払う必要があるため、自宅でスマホの契約とは別にネット環境が用意されていることは非常に重要というわけですね。

インターネット・Wifi無料化をおこなう

各会社からよく出ているのは、オーナーが賃貸物件1棟まるごとで契約し、ケーブルで各住戸を結んでいくタイプ。または、無線で飛ばすWifiタイプも出ています。

有名どころで言えば、B-CUBICバッファローのアパートWifiといったサービスでしょうか。

契約はオーナーとなりますが、使用料を各住戸で割って、家賃(あるいは共益費)に含めてしまえば、「インターネット無料」環境が整います。

各社によって費用もバラバラでかつ、導入予定物件の規模によっても金額が異なるので、具体的にどのぐらいの金額がかかるかは各社の無料見積もりを利用しましょう。

戸数が多ければ月額1戸あたり数百円で利用可能です。

インターネット・Wifi無料は大きなポイントなので、ぜひマイソク(募集案内図面)に盛り込むことを忘れずないようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。