ジカロテーブルとファイアグリルの相性Check!

綺麗にならない壁紙(クロス)は張替【アクセントクロスも活用を】

アクセントクロスを張った部屋

この記事って誰の役に立つの?
壁が一面だけ汚れてるんだけど、全部張り替えないとダメ?コスパの高い空室対策は何かないの?クロスの張り替え費用が高くついてほんと困った・・・

壁紙(クロス)の空室対策を考えている人に向けて、この記事を書いています。

壁紙にアクセントクロスを取り入れよう

前回の記事で紹介したような作業で、綺麗にならないクロスは張り替えを行います。

壁紙(クロス)・フローリング・クッションフロアなどはきっちり補修

その時に何も考えずに通常の量産品のホワイト系クロスを貼るのではなく、アクセントクロスに張り替えましょう。

木目調のアクセントクロス

木目調のアクセントクロス

アクセントクロスは色がついていたり柄が入っているクロスのこと。

今までは賃貸物件というと全て白色のクロスが貼られ、良くも悪くも特徴が無い部屋が主流でした。

しかし、今のように空室が増えてくると、今までと同じことをしていては入居者からは選ばれません。

アクセントクロスを貼ることで、他の賃貸物件には無い魅力を作り出しましょう。

実際に和室の一面だけをアクセントクロスに張り替えるとこんな感じです。アングルが同じではないですが、全然違いますよね!?

Before

アクセントクロスを張る前の特徴のない和室

After

アクセントクロスを張った後のモダンな和室

費用に関しては、

・量産ホワイト系クロス:800~900円/㎡

・アクセントクロス:1,200円/㎡

というイメージです。

一面だけアクセントを取り入れるのであれば、2~3千円のコストアップでアクセントクロスを導入できます。

※アクセントクロスの値段は業者やモノにもよるのであくまで目安として考えてください。

主な壁紙メーカー

壁紙やアクセントクロスを扱っている主なメーカーは次のとおりです。

この5つのメーカーを抑えておけば、たいていの色や柄、パターンは揃うはず。

各メーカーではデジタルカタログを用意しているので、ダウンロードして(けっこうファイルサイズがあります)PCなどに保存しておくとイイと思います。

アクセントクロスを入居者に選んでもらうやり方も

アクセントクロスの色味には入居者の好みもあり、一概にこの色が空室対策に効くとは言い切れません。

特に柄物に関しては、好みがかなり分かれるので要注意です。

そんな時は逆転の発想で、入居者に色や柄を選んでもらうようにしましょう。

内見時にアクセントクロスのカラーバリエーションを用意し、『入居を決めてくれたら、お好みの壁紙に張り替えます』と伝えます。

そうすれば、入居者からすると選ぶ楽しみが増えることになり、賃貸物件ならではのメリットが出てきます。

クロスを張り替える作業があるので即日入居とはいかないですが、作業自体は1~2日でできてしまいますので、そこまでマイナスの影響はないはずです。

一面だけであれば簡単&楽チンなので、オーナー自ら張り替えてもイイと思いますよ^^

予めクロスを保護しておけば張替コストを削減できる

また、クロスを新しく張り替えるのであれば、汚れが付かないように予め処理しておくというのも1つの上手なやり方です。

サンリミックスという会社から販売されている「コアコート」という商品は、汚れる前のクロスに最初からコート剤を塗布しておき、クロスが汚れたらコート剤ごと除去してしまうという発想で作られている商品です。

退去のたびにコート剤を繰り返し使うことで、クロス自体を張り替える手間や費用が無くなりますね。

コアコートは500ml(5㎡施工)で2,500円から販売されています。

注意
現在は一般向けに販売はされていないようです。リフォーム会社や管理会社を通した法人向けにシフトしているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。