【内見⇒契約申込をもらうために・・・】賃貸物件の共有部をきっちり清掃

築古アパートの汚い共用部

この記事って誰の役に立つの?
所有する賃貸物件の清掃を考えているオーナーさんに向けて、ポイントや注意点などを書いています。

物件にある不要なものを廃棄しよう

今までの工夫でやっと見込客が自分の物件に内見に来るようになりました。

さあ、ここからが本番です。

賃貸物件は第一印象が非常に大事。いくらマイソク(募集案内図面)に掲載した写真うつりが良かったとしても、実際に見に行った時に、マイナスのギャップが大きいと、部屋に入る前からテンションが下がってしまいます。

物件の周辺やエントランス周りの印象を良くすることによって、良い印象を持って部屋を見てもらえる(=入居率のアップが見込める)のです。

まずは物件のいらないモノ、具体的には粗大ゴミや放置自転車、傘といった共用部に放置されている物を撤去していきます。(以前、ゴミ捨て場横にチャイルドシートがそのままブン投げられていました笑)

管理が行き届いていない物件にはそういったものが必ずといっていい程、放置されています。

ですが、こういったモノは誰が元の持ち主か分からないケースがほとんど。入居者ではなく外部から持ち込まれた可能性もあります。

一定期間張り紙をした後に、オーナーの自己負担で廃棄するしかありません。

納得がいかないのは分かりますが、そのまま放置しておいてもゴミはゴミを呼びますからね・・・汗

オススメのゴミ処理方法

ナカやんがよくやる処理方法は「ゴミ処理場への持ち込み(自己搬入)」です。

いちいち指定のゴミ袋に入れて、指定日にゴミ出しをして・・・というのは、非常に面倒くさいです。

なので、軽トラを借りて一気に片付けてしまえる持ち込みはオススメですね。

ちなみに所有物件があるエリアでは、1キロあたり17円で廃棄が可能です。たぶん、自治体ごとにそこまで大きく差はないはず。

まず、入口で車ごと重量を計ってからゴミを捨てます。その後、帰りにもう1度計りなおし、重量の差分を計算してお金を払うといった流れですね。

地域によって廃棄する場所や手順は異なります。「(地域名)+ゴミ処理+持ち込み」などのワードで検索するか、自治体に問い合わせてみると丁寧に教えてもらえますよ。

注意
搬入時間や土日・祝日の扱いには十分注意して事前に確認するようにしてください。軽トラをレンタルして捨てに行ったのに、処理場が休みとかになるとマジで悲惨です・・・

物件にあるものをきっちり整理整頓しよう

今度は物件に必要なものをきちんとした場所に収納しましょう。

消火器や自転車の空気入れなどを所定の場所に置き、自転車もきちんと並べ替えます。

乱雑に置かれている自転車は結構、見苦しいものです。

入居者からは管理が行き届いていない印象を持たれてしまいますし、ゴミなども捨てられやすい環境になってしまいます。

今は自転車置き場を整理する機械も淀川製鋼所(サイクルスペース)四国化成工業(サイクルポート)といった会社から発売されています。台数が多い場合などは検討してみてもイイと思います。

淀川製鋼所(ヨドコウ)のサイクルスペース

淀川製鋼所(ヨドコウ)のサイクルスペース

もし、そこまでお金をかけられないのであれば、地面に白線を引いてみましょう。

amazonやホームセンターなどでロードライナーを購入し、自分で白線を引いてしまえば、かなりお手軽に駐輪場が30分でできますよ。

人間の心理として白線が敷いてあれば、それに沿って停めてくれやすくなると思います。

また、共用廊下にゴミを出しっぱなしにしている入居者もいます。(1Rの学生さんが多いような気がします。かくいう私も学生時代に溜まったゴミを廊下に出していて怒られましたが・・・^^;)

自主管理の場合はきちんとオーナーから注意するか、そうでない場合は管理会社から注意してもらいましょう。

ただカドが立つことはお互いに望まないことでしょうから、あくまでも冷静に丁寧に応対することが必要です。

共用部を中心に清掃しよう

不要なものを捨てて、自転車などの整理整頓ができたら次は清掃です。

清掃する場所は

  • エントランス周り
  • 集合ポスト
  • ゴミ置き場
  • 駐車場・駐輪場
など入居者が特に目にする機会が多い共用部を中心に行いましょう。

汚れが激しい時は高圧洗浄機を使うのも1つの方法です。

北海道の不動産投資家:加藤ひろゆきさんも高圧洗浄機を使って物件の清掃をよくしているそうです。

特に築10年以上の物件で外壁や地面などの清掃を行っていない部分は、文字が書けるぐらい汚れていたりします。

最初に洗浄機を使った時は、汚れの落ち具合にちょっと感動しますよね笑

資金的に余裕がある方は、ぜひ洗浄機を一度試してみてください。ホームセンターでは有名なケルヒャーのデモンストレーションもよく行っています(年末年始が特に多いです)

ちなみにナカやんはアイリスオーヤマの高圧洗浄機SBT-512(前の古いバージョン)を持っています。

この高圧洗浄機は水がタンクに貯められるので、水道が近くに無い場所でも使えるのがポイントです。

高圧洗浄アルアルで、ホースが水圧で蛇口からよく抜けるんですよね、、、^^;

ちなみに壁に対して使用する時は水の跳ね返りが凄いので、レインコートを着用して長靴をはいて作業しましょう。

MEMO:洗浄機を買うことに抵抗がある人は?
「高圧洗浄機の購入まではしたくないけどスポットで使いたい」という人は、DMMいろいろレンタルを利用してみてください。

アイリスオーヤマやケルヒャーの高圧洗浄機を、2日間3500円ぐらい(別途送料1,500円~)から借りることができますよ!

オーナー自身が清掃するメリット

(自宅近くに賃貸物件がある場合に限られますが)、もしも自分で清掃するのであれば、朝行うことをオススメします。

朝の時間帯だと入居者と通学・通勤などで顔を合わせる機会になるので、気軽に声を掛けてコミュニケーションを図ることができます。(※入居者とコミュニケーションを取ることには賛否ありますので、自分のスタンスや性格しだいでイイと思います)

また、オーナーが物件清掃を直接行うことで、管理会社任せだと気づかない細かな改善ポイントが見えてくることもメリットです。

管理会社も忙しいので入居者から実際にクレームが入るまで、特に何も対処しないといったケースが多いです。

実際、夕方に清掃に行くと、共用灯が1本切れていたことを何度か発見したことがあります。その時は残りの共用灯含めて全部を交換しました。

これを管理会社経由で業者に任せると、普通に1~2万円ぐらい請求されますからね。自分でやれば蛍光灯の実費だけで済みます。

事前にトラブルの種を刈り取っておけば、後々自分も楽チンですよ^^

ちなみにカリスマ大家さんとして有名な安藤泉さんは週4日は管理人にお願いして清掃、2ヶ月に1回は機械で床清掃、半年に1回は大掃除。

年間約200万ほどの費用を清掃にあてているそうです。

オーナー全員がここまでとは言いませんが、やればやるだけ効果も出るのが清掃ですので、チャレンジしたいところですね。

シルバー人材センターを利用してみる

全国シルバー人材センター事業協会の公式サイト

全国シルバー人材センター事業協会

先ほどはオーナー自身が行う清掃のメリットを紹介してきましたが、お金に余裕があれば業者に依頼するのも手です。

ここではシルバー人材センターの利用について紹介します。

すでにご存知の方も多いと思いますが、シルバー人材センターとは『高年齢者が働くことを通じて生きがいを得ると共に、地域社会の活性化に貢献する組織』です。

定年退職者等の能力の積極的な活用をうながしていて、人と仕事のマッチングをおこなっています。

人材センター自体は利益を目的としていない公益団体なので、リーズナブルな費用で臨時的・短期的な仕事を請け負ってくれるのがアリガタイですね。

請け負ってくれる仕事内容としては、

  • 除草・草刈り
  • 屋外・屋内清掃
  • 庭木剪定や障子ふすまの張替え
  • 大工仕事
  • ペンキ塗り
  • 包装・梱包・袋詰め
  • 皿洗いや配膳などの調理作業
  • 農作業(種まき・水やり)
  • 集計業務などの事務作業
など幅広い内容に対応しています。

清掃費の目安としては週1回4時間2~3万円ほどで、業者に頼むよりもかなり安上がり。

MEMO
業者に依頼すると1回1~1.5万円ぐらい掛かります。

ですが、基本的にはその道の専門家でない人も多く、仕上がりの完成度はマチマチなので、仕事が終わった後に自分でチェックすることが大切です。

実際に仕事を依頼する場合ですが、シルバー人材センターは自治体ごとに管轄が分かれていて、公益社団法人全国シルバー人材センター事業協会が取りまとめをおこなっています。

管轄の人材センターは、全国シルバー人材センター事業協会の公式サイトからエリアごとに調べることができ、電話などで発注することが可能です。

他にもシルバーしごとネットから依頼を掛けることもできます。

シルバーしごとネットの公式サイト

シルバーしごとネット

ここで紹介した清掃だけでなく、他の業務の依頼にも活用してみてくださいね^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。