ジカロテーブルとファイアグリルの相性Check!

大手不動産会社に戸建賃貸の売却を任せたけどホント意味が無かった話・・・

不動産媒介契約書

まいど、ナカやん(logfarm111 logfarm111)です。

前回の記事の続きです。

イエイの公式サイト【戸建賃貸(2号不動産)の売却開始】不動産を一括査定に出してみた!

今回、大手の不動産会社に戸建の売却を依頼してみましたけど、ホント意味ありませんでした、、、orz

大手に専属専任媒介で売却を依頼

専属専任媒介契約書

専属専任媒介契約書

こちらから大手の財閥系不動産会社に連絡をして売却を依頼。

契約は一番縛りのキツい「専属専任媒介」にしました。

単なる「専任媒介」でも良かったんですが、専属専任は週1回報告義務があるので、より状況が把握できるかなと思ったので専属にしました^^(ちなみに専任は2週間に1回の報告義務です)

向こうの不動産担当者からすると、

  • いきなり電話をしてきて売却依頼
  • 契約の種類は専属専任を指定
  • 契約期間も2ヶ月

といった感じだったので、変なヤツから売却依頼がきたな~と思ったと思いますw

電話で軽く概要を説明し、書類のやり取りをした後、しっかりしたパンフレットと共に、製本された媒介契約書が郵送で送られてきました。

ナカやん

このあたりはさすが大手です。キッチリしてますね^^
MEMO
ぶっちゃけ言うと、個人レベルの不動産会社の場合は、こういった媒介契約書を事前に結んでいないことも多いです。

宅建業法で義務付けられていますが、契約書作成や更新の手間がいちいち掛かるため、やっていないところも多いですね。

法令違反ではありますが、バレることもなかなか無いので、それがまかり通っているという現状があります。

レインズの登録証明書が送られてきた

レインズへの登録証明書

レインズへの登録証明書

契約提携後、しばらくすると売却を依頼した物件がレインズに登録された証明書が郵送されてきました。

2016年1月以降、専任あるいは専属専任で依頼した物件に関しては、売り主側でレインズの登録状況を把握できるようになっています。

こういった登録証明書も初めて受け取ったので、

ナカやん

やっぱり大手はしっかりしてるな~

と感じました^^

MEMO:レインズへの登録証明書
これは物件の「囲い込み」やレインズに1度登録した後に登録を落とすといった悪質な事例を防ぎ、取引の透明性を高める目的です。

ですが、これもまだまだ不十分で、登録後にいくらでも内容を変更することは可能です。ですが、確実に「前には進んでいる」とは言えそうですね。
レインズの売却依頼主用物件確認サイト

売却依頼主用 物件確認ページ

ちなみに登録内容の確認は売却依頼主用 物件確認のページから、

  • 確認用ID
  • パスワード

を入力してログインすれば見ることができます。

ちなみにIDとパスワードは登録証明書に記載されていますよ!

売却開始&週1回の報告スタート

媒介契約やレインズへの登録など事務手続きも終わり、売却活動がスタートです。

専属専任は週1回の文書による報告が義務付けられているので、「営業活動報告書」が毎週送られてきます。

【1回目】営業活動報告書

【1回目】営業活動報告書

情報公開準備中ね!オッケー!売れるといいな~

【2回目】営業活動報告書

【2回目】営業活動報告書

コメント欄には「登録作業も終わり~」って書いてあるけど、活動には情報公開準備中ってどういうこと?まぁいいか~

【3回目】営業活動報告書

【3回目】営業活動報告書

なかなかすぐに反響も無いよね、、、でも、いつになったら情報公開準備中っていう表記がなくなるのかな~

【4回目】営業活動報告書

【4回目】営業活動報告書

ずっと情報公開準備中になってるけど、これってちゃんと確認してるのか、、、??

【5回目】営業活動報告書

【5回目】営業活動報告書

依頼してから1ヶ月経つけど、ずっと情報公開準備中・・・引き合いも全くないようだけど、メールや電話での問い合わせも無いの!?

【6回目】営業活動報告書

【6回目】営業活動報告書

全く反響が得られてないじゃん、、、しかも、情報公開準備中は変わらず。。。

【7回目】営業活動報告書

【7回目】営業活動報告書

ここまでくると笑けてきましたw

【8回目】営業活動報告書

【8回目】営業活動報告書

「改めてお電話にて」って言ってるけど、何にも連絡はありません、、、

【9回目】営業活動報告書

【9回目】営業活動報告書

結局1件も報告できるような引き合いもなし、、、情報公開準備中も最後まで訂正されず、、、

こんな感じの営業報告書が続きました。

たぶん報告書も事務スタッフが作っているだけで、内容も特にチェックしてないんでしょうね。

媒介契約更新の依頼がきた(⇒誰が更新するか~)

媒介契約更新申出書

媒介契約更新申出書

そうこうしている内に専属専任媒介契約の更新時期が迫ってきました。

更新する気も全く起きなかったので、そのまま放置。

不動産会社からも何の連絡もないまま、契約終了日を迎えましたw

更新期限までにさすがに1度ぐらい連絡があるかなとも思いましたが、それも無かったです。

売却依頼に大手だからという理由は意味ナシ

今回、大手不動産会社に売却を任せてみましたが、確かに形式的なことはカッチリとやってくれます。

  • 媒介契約書類の作成
  • レインズへの登録
  • 週1回の営業報告
  • 契約更新書類の作成

ですが、売却のための販促活動はレインズへの登録と自社サイトへの登録のみ。

SUUMOHOME’Sといったエンド向けのポータルサイトや、健美家・楽待といった投資家向けのサイトへの広告出稿などは一切ありませんでした。

恐らく売る気が無かったんでしょうね、、、あるいは業界的に言えば「干す」作業をされていたのか、、、正確な理由は分かりません。

ですが、大手だからといって売却を任せても良い理由にはならないことが、これでハッキリと「再認識」できました。

やはり、収益物件の売却は収益専門の会社にすべきですね。

次回はこの物件がその後、瞬殺で売れたことを書いていきたいと思います^^

戸建賃貸(2号不動産) 【戸建賃貸(2号不動産)が瞬殺で売却に】価格は?買い手はまさかの同じ人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。