12月6日からALBi大阪にてポイント10倍キャンペーン開催!

【男のヒゲ脱毛】「選び方」に関するQ&A

ヒゲ脱毛の【選び方】<よくある質問>

光脱毛・フラッシュ脱毛・レーザー脱毛の違いを教えてください。

脱毛するパワーが違います。

まず光脱毛フラッシュ脱毛というのは、主にメンズエステサロンで行われている脱毛方法で基本的には同じ脱毛方法を違う言い方で表現しています。

フラッシュ脱毛以外にもIPL脱毛(インテンス・パルス・ライト脱毛)やプラズマ脱毛、ハイパーショット脱毛、ヨーロピアン脱毛という名称もありますが、基本的には全て光脱毛と同じモノと思ってもらって特に問題はありません。

また、レーザー脱毛というのは、医療機関(クリニック)で行われている脱毛方法です。

脱毛するパワーはレーザー脱毛>光脱毛(=フラッシュ脱毛)というイメージになります。

レーザー脱毛も光脱毛(フラッシュ脱毛)も、脱毛工程は非常に似ていて、毛の中に含まれている黒い色素に反応するレーザーまたは光を肌に照射し、毛を作る細胞にダメージを与えますが、与えられるダメージが全く異なります。

そのため光脱毛(フラッシュ脱毛)で可能なのは、毛を細くしたり生えてくるスピードを遅くしたりという効果であって、永久的な脱毛効果を得るためにはレーザー脱毛のような強いパワーを照射しないといけないというのがナカやんの意見です。

メンズエステ・クリニック・家庭用脱毛器【メンズエステ・クリニック・脱毛器】ヒゲ脱毛にオススメの方法は?SBC湘南美容クリニックとダンディハウスの屋外看板【ヒゲ脱毛の効果・回数・痛み・値段】メンズエステとクリニックを徹底比較!

そもそも「メンズエステの脱毛」と「クリニックの脱毛」は何が違うんですか?

永久的な脱毛効果が有るか無いかが違います。

知らない人の方が圧倒的に多いと思いますが、実は「脱毛」という行為は医療行為にあたります。

毛が再生する細胞にダメージを与えて毛を生えなくさせるという行為が医療行為の1つとみなされているわけです。

このことは厚生労働省も認めています。

そのため永久的な脱毛効果を得るためには医療機関(クリニック)の脱毛を受けることが必要ということになります。

逆に医療機関ではないメンズエステでは永久的な脱毛効果を得ることはできません。

ではメンズエステで「脱毛」と称して行われている行為は何なの?ということですが、これは永久脱毛ではなく減毛や制毛、抑毛というようなレベルの行為を、「脱毛」という名称でおこなっているのです。

なんとなく漢字をみてもらえれば想像できるように、生えている毛を細くしたり、生えてくるスピードを遅くしたりという効果になります。

このことを理解してメンズエステに行くのであれば問題ありませんが、永久的な脱毛効果を望んでメンズエステの脱毛を受け続けても、途方もない時間とお金が掛かってしまうので気を付けた方がイイですね。

グレーゾーンなぜダンディハウスやMEN’S TBCでは永久脱毛である針脱毛ができるのか?メンズエステ・クリニック・家庭用脱毛器【メンズエステ・クリニック・脱毛器】ヒゲ脱毛にオススメの方法は?SBC湘南美容クリニックとダンディハウスの屋外看板【ヒゲ脱毛の効果・回数・痛み・値段】メンズエステとクリニックを徹底比較!

メンズエステとクリニックはどのように見分けたらイイですか?

医師がいればクリニック、医師がいなければメンズエステです。

名称を見れば8~9割ぐらいは判断がつくケースが大半です。

クリニックの場合は、○○クリニックや××スキンクリニック、△△皮膚科といった名前になっています。

一方でメンズエステの場合はアルファベットやカタカナなどを組み合わせた横文字系の名称が多いです。

名称だけで判断が付かない、あるいは確証を得られない場合は、「そこに医師がいるかどうか」で見分けることができます。

「病院案内」の文言
クリニックの場合は「院長紹介」「ドクター紹介」といったページがあったり、「クリニック(医院)について」「病院案内」といったページに顔写真付きで医師が載っていたりします。

メンズエステの場合は「医療機関(クリニック)提携」といった文言や、「医療顧問付き」「医院監修」「クリニック併設」といった表記があるはずです。

こういった言葉がある場合はメンズエステと思ってもらってほぼ問題ありません。

他にも取り扱う脱毛方法で見分けることもできないこともありません。

クリニックの場合は「レーザー脱毛」あるいは「絶縁針脱毛」という言葉で脱毛方法を紹介しているケースがほとんどですね。

メンズエステの場合は「フラッシュ脱毛」「光脱毛」「IPL脱毛」といった名称が基本ですが、名前をオリジナルの名前に変えて、それっぽく紹介しているケースもあります。

ただし、その場合も中身は普通のフラッシュ脱毛だったりもするので、何となく新しそうで凄そうな名前に騙されないようにしてください。

注意して欲しいのはメンズエステでも光脱毛を「○×レーザー脱毛」という風に紹介していたり、クリニックでもフラッシュ脱毛器による脱毛を扱っている場合があるので、脱毛方法だけで100%判断するというのはちょっと難しいと思います。

結論として、最も確実なのは「医師の有無」で判断することですね。

メンズエステ・クリニック・家庭用脱毛器【メンズエステ・クリニック・脱毛器】ヒゲ脱毛にオススメの方法は?SBC湘南美容クリニックとダンディハウスの屋外看板【ヒゲ脱毛の効果・回数・痛み・値段】メンズエステとクリニックを徹底比較!

永久脱毛は医療行為なのでしょうか?

はい、医療行為にあたります。

永久脱毛はれっきとした医療行為です。

身体の中の毛を再生させる細胞に働きかけて、その動きをストップさせてしまう行為(つまり永久脱毛)は医師免許を持っている者でしかできません、と厚生労働省も認めています。

なので、多くのメンズエステでは公式サイトに「永久脱毛」とは表記していないはず。表記してしまうと、それは医師法違反にあたるからです。

なので医師がいないメンズエステでは「永久脱毛」というキーワードを使わずに、「確実性の高い脱毛」「終わりのある脱毛」といったような、ちょっとボヤかした記載になっているのです。

たまに「永久脱毛できます!」というような表記をモロに出しているメンズエステも見かけますが、怖いもの知らずのサロンだな~って思いますね^^;

ただ、永久脱毛ではないメンズエステの脱毛が絶対ダメかというと、あくまでも「減毛レベル」であることを分かった上で通うのであれば、それは問題ありません。

ただし、通うのを止めてしまうと、時間と共に再びヒゲやムダ毛が復活してくるので、そのあたりのことまできちんと理解した上で選ぶようにしてください。

グレーゾーンなぜダンディハウスやMEN’S TBCでは永久脱毛である針脱毛ができるのか?

メンズエステでも医療レーザー脱毛器は使用できますか?

メンズエステでの使用は認められていません。

キャンデラ社のジェントルレーズ

キャンデラ社のジェントルレーズ(GentleLASE)

恐らく国内のクリニックで最も使用されていると思われる脱毛器がキャンデラ社のジェントルレーズという機種です。

脱毛業界では有名な医療レーザー脱毛器ですね。

こういった国内で使用されている医療レーザー脱毛器の多くは、海外の脱毛器メーカーから購入し日本国内に輸入されたものです。

ただ、誰でも輸入できるものではもちろんありません。医療用の脱毛器を持ち込んで国内で使用するにあたっては、厚生労働省の許可証や医師免許が必要になります。

当然ながら、医師免許を持っていないメンズエステでは持ち込むことができないので、医療レーザー脱毛器はクリニックでしか使用することができません。

ただ、メンズエステや家庭用脱毛器の中には「脱毛効果の高いレーザー脱毛を採用!」というような宣伝文句が記載されていることがあります。

確かに種類としてはレーザーかもしれませんが、クリニックの医療レーザー脱毛器には脱毛出力や効果の点ではかなわないので、『レーザー脱毛』という単語自体に惑わされないようにしてください。

メンズエステ・クリニック・家庭用脱毛器【メンズエステ・クリニック・脱毛器】ヒゲ脱毛にオススメの方法は?

メンズエステやクリニックがあり過ぎて結局ドコで脱毛したらイイのかワカリマセン・・・

医療レーザー脱毛を行うクリニックを選べば、失敗する確率はかなり少ないです。

ここでいう「失敗」というのは、そもそもの脱毛効果が出ないという失敗だったり、効果は出ても費用が高額になり過ぎるという失敗だったり、そのあたりのコトを全部ひっくるめての「失敗」という意味です。

失敗する可能性ゼロ!と言い切るのは難しいですが、かなりの高確率でヒゲ脱毛やムダ毛の脱毛効果に満足できると思います。

失敗しない脱毛をするために、1つだけ基準を教えてくれと言われれば、ナカやん的には「医療レーザー脱毛を行うクリニックを選ぶべし!」とアドバイスしますね^^

以下はその理由です。少し長文ですが読んでみてください。

メンズエステから選ぶことをオススメしない理由

過去にたくさんのメンズエステやクリニックのHPを見たり、実際に店舗に行って脱毛を体験してきました。

その経験から言えば、メンズエステの場合は、サロンごとに導入している脱毛器が異なるため脱毛効果の差が激しく、費用についても数万円~100万円超えまで本当にバラバラ。

脱毛回数や費用のめやすも、実際にカウンセリングに行ってみないと分からないケースが多く、公式HP上では体験料金しか公開していないメンズエステもあります。

さらにメンズエステではHPに掲載していない入会金や年会費、ケア用品の購入などオモテからは分からないような費用が設定されていたりもします。

入会費・年会費は一切なく、化粧品などの販売もありません。

最近でこそ「脱毛費用以外の費用は一切掛かりません!」と明記しているメンズエステも増えてきていますが、まだまだ少数派ですね。

そして、メンズエステの中には、実際にきちんと効果もあって費用も安いところもあるのかもしれませんが、今度はそのメンズエステに通えるかどうか、つまり「距離」の問題が出てきます。

つまり、そのメンズエステの店舗がその人の家の近くにあるとは限らないということです。

脱毛は複数回通う必要があるので、北海道に住んでいる人が東京まで何度も通うのも現実的ではありませんからね。

なので不特定多数のヒゲ脱毛希望者に対して、差があり過ぎるメンズエステの中で1つの基準を示すことが難しいというわけです。

クリニックで基準を示せる理由とオススメする理由

効果が(ある程度)保証されている

現在多くのクリニックで導入されている脱毛器はキャンデラ社のジェントルレーズとルミナス社のライトシェア・デュエットの2つ。

この2機種のレーザー脱毛器であれば効果的にほぼ問題ありません。

最近では「蓄熱式」の脱毛方法と呼ばれる、アスクレピオン社のメディオスターNeXT PROも多くのクリニックで導入されています。

湘南美容クリニックが導入している脱毛器

湘南美容クリニックでは3種類の脱毛器を導入しています。

脱毛効果は「人の技術」ではなく主に「脱毛器」に依存しているので、紹介した医療レーザー脱毛器を採用しているところであれば、脱毛効果は9割がた保証されていると言えます。

事前に値段が明確に分かることが多い

次に料金的なことでいえば、医療レーザー脱毛は「1回あたりいくら」という設定がされていることが大半で、脱毛に力を入れているクリニックであれば、料金表が100%掲載されています。

できれば男女兼用の脱毛料金表ではなく、男性の脱毛料金がきちんと載っているクリニックのほうがベターですね。

また、クリニックでは3,000円前後の初診料・再診料が掛かるケースがありますが、入会金の設定もありませんし、ケア用品の購入なども基本的にありません。

つまり、クリニックに行く前から掛かる費用がほぼ把握できます。

日本全国にクリニックが存在する

そして、クリニックであれば湘南や品川といった大手はもちろん、小規模クリニックも含めると日本全国にあり、「クリニック レーザー脱毛 (県名・市名)」などで検索すれば自分の家に近いところもいくつか見つかるはず。

そこのHPをチェックしてみて内容に納得できるクリニックに行ってみる、というのが一番良いと思います。

脱毛効果がある程度保証されていて、事前に掛かる脱毛費用がほぼ把握でき、小規模のところも含めると全国にクリニックがある、ドコで脱毛したらイイのか分からない人は「医療レーザー脱毛器を扱っていて自分が通いやすいクリニック」というのを基準にして選ぶとイイと思いますよ!

メンズエステ・クリニック・家庭用脱毛器【メンズエステ・クリニック・脱毛器】ヒゲ脱毛にオススメの方法は?SBC湘南美容クリニックとダンディハウスの屋外看板【ヒゲ脱毛の効果・回数・痛み・値段】メンズエステとクリニックを徹底比較!

◎◎脱毛協会に加盟しているメンズエステやクリニックであれば信用して大丈夫でしょうか?

1つの基準にはなりますが、絶対に信用できるものでもありません。

業界の発展や健全性の維持、脱毛に関する知識を広く知ってもらうといった目的のために、メンズエステ同士・クリニック同士がタッグを組んで、様々な協会や団体、非営利法人などを立ち上げています。

メンズエステ系列であれば

クリニック(医療機関)系列であれば

上記以外にも検索すれば他にもたくさん出てきます。

また、団体の公式HPには「加盟エステサロン一覧」や「所属クリニック一覧」といったようなリストが掲載されていて、誰でも見ることができます。

そして、こういった協会団体に加盟を希望する場合は、入会金と年会費が必要になりますが(明らかにNGなケースは別にして)基本的にお金を支払えば、どこのメンズエステやクリニックでも加盟できるようになっているケースも多いです。

さらに全てがそうではないとは思いますが、一度加盟した後は、よほどの事件・事故を起こさない限り除名になるケースはなく、定期的なチェックもあまりされていないというのが現状です。

なので「ドコに所属しているというのは、あまり意味がナイんじゃない!?」というのが今の意見です。

ここからはナカやんの独り言です

日本スパ・ウエルネス協会の公式サイト

日本スパ・ウエルネス協会の公式サイト

最初に掲載した日本スパ・ウエルネス協会(旧:ソワンエステティック協会)は「エステティック業界の健全な発展と、セラピストの社会的地位の向上」という目的の元、2004年3月に発足したNPO法人です。理事長は下村 朱美氏ですね。

日本スパ・ウエルネス協会の認証サロン一覧

日本スパ・ウエルネス協会の『認証サロン一覧』

そして、NPO法人の公式サイトで『認証サロン一覧』を見ると、認証されているのはミス・パリやダンディハウスといったエステサロンのみ。

なお、理事長の下村 朱美氏はミス・パリやダンディハウスの運営会社代表でもあります。

つまり、自分が理事長を務めるNPO協会で、自分が代表を務めている”身内の”エステサロンのみが『認証サロン』に掲載されているのです。

ナカやん

こういった事実関係を見ていくと、自分で協会を立ち上げて、自社が経営するサロンを認定・表彰しているだけにしか見えません・・・(汗)

だからといって何か違反を犯しているわけではありませんが、こういう現実を見てしまうと「なんだかなー(by阿藤 快)」っていう印象を持ってしまうのは、ナカやんだけではないと思います。

ちなみに以前のソワンエステティック協会の時は理事長に千野 俊猛氏(前日刊工業新聞社社長)が就任していて、下村 朱美氏は副理事長という立場でした。

ソワンエステティック協会を立ち上げたのは、もちろん下村 朱美氏です。

ですが、ナゼか副理事長の名前がソワンエステティック協会のHPのどこにも出ていませんでした。

日本スパ・ウエルネス協会になった今は改善されたようですが、以前のソワンエステティック協会の時は、”あえて”下村 朱美氏の名前をHPに掲載していなかったように思えてなりません。

肌のことを考えるとメンズエステの脱毛の方が綺麗な肌になりそうな気がするのですが・・・

脱毛ではなく美肌効果を重視するのであればメンズエステも選択肢の1つです。

そもそも脱毛なのか美肌なのかどちらに重きを置くか、によって答えは変わってきます。

脱毛効果はほどほどでいいから、薄いシミや肌質も改善させたいのであればメンズエステのフラッシュ脱毛(光脱毛)でイイと思います。

ですがヒゲをある程度まで薄くしたい、ツルツルになるまで脱毛したい、と言うのであれば、やはりクリニックのレーザー脱毛が最適です。

メンズエステ・クリニック・家庭用脱毛器【メンズエステ・クリニック・脱毛器】ヒゲ脱毛にオススメの方法は?

メンズエステでカウンセリングを受けた人の中には、クリニックのレーザー脱毛は肌の負担が大きいという説明を受けた人もいるかもしれません。

確かにクリニックのレーザー脱毛は脱毛パワーが強いので、メンズエステに比べて肌のダメージが大きい点は事実です。

ですが適性な出力で脱毛を受けていれば、過度なダメージが肌に残るわけではありません。施術直後は赤みや腫れなどが出てしまうことが多いですが、1~2日程度で元に戻ります。

また、 美肌効果を求める人であっても、メンズエステではなくクリニックで光治療(IPL治療)を受けることもできます。こちらは脱毛ではなく美肌に特化してシミ・そばかす・くすみなどを改善できる治療です。

ナカやんからすると、メンズエステのフラッシュ脱毛は脱毛も美肌効果も中途半端な印象があります。まさに『二兎を追う者は~』ですね・・・

メンズエステの方が確かに「エステ」という名前が付いていて肌に良さそうというイメージがあるかもしれませんが、基本的にエステティシャンになるための国家資格があるわけでもありません。現状では民間団体が自前で試験を作ったり認定制度を作っているのが現状です。

エステティシャンは働くにあたって専門資格が必須になっているわけでもなく、誰でも今日から名乗ろうと思えばエステティシャンを名乗れてしまうという事実は知っておいてください。

メンズエステの脱毛では化粧水を染み込ませたフェイスパックで脱毛後の鎮静をしてくれたり、アフターケア用品を用意してくれたりしますが、そこまで大きな効果があるのかはなはだ疑問です。

費用もリーズナブルであれば良いですが、フェイスパック1枚3,000円や、ケア用品1本2,000円などかなり高額です。効果よりも懐へのダメージの方が大きいと、ナカやんは感じます。

これが女性であれば普段から化粧水1本数千円とかで購入しているので、あまり違和感はないかもしれませんが、男性の場合はそこまで掛けるはどうなの?ってぶっちゃけ思っちゃいますね・・・^^;

脱毛してヒゲやムダ毛がなくなれば、もともと毛が生えていた毛穴が収縮して肌もツルツルになります。

変にフェイスパックやケア用品を使わなくても、きちんと脱毛すれば、(ある程度は)綺麗な肌が手に入ると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。