【男のヒゲ脱毛】「痛み」に関するQ&A

ヒゲ脱毛の【痛み】<よくある質問>

ヒゲ脱毛は痛いですか?

残念ながらヒゲ脱毛は痛いです。

男性のヒゲは身体の体毛の中で最も頑丈で、肌の奥深くに毛根があります。

それを脱毛するとなると、それなりの痛みはどうしても出てきてしまいます。

悪質な脱毛器販売会社やメンズエステ、クリニックだと、これを逆手に取って「ウチの脱毛はヨソと違って痛くない脱毛です」という宣伝をしていることもありますが、それは嘘であることが多いと思います。

もし仮に本当に痛くないとすると、それは脱毛効果がほとんど無いぐらい弱い出力設定になっているということです。

残念ながらヒゲ脱毛に痛みは付き物ですが、痛い分それは脱毛効果が出ていることの証明でもあるわけです。

ちなみに痛いのは最初の1回目から5回目ぐらいまで。

その後はヒゲが薄くなってきて痛みも減り、痛みへの慣れも手伝って、そこまで痛みを感じることはなくなってきます。

なので、そこまで心配し過ぎることはありません。

SBC湘南美容クリニックとダンディハウスの屋外看板【ヒゲ脱毛の効果・回数・痛み・値段】メンズエステとクリニックを徹底比較!

ヒゲやムダ毛が濃いと痛みは強くなりますか?

濃さと比例して痛みは増します。

クリニックの医療レーザー脱毛や、メンズエステのフラッシュ脱毛(光脱毛)といった方法は、毛の中の黒い色素(メラニン色素)にエネルギーを反応させて脱毛する仕組みになっています。

「ヒゲやムダ毛が濃い」ということは黒い色素が多いということになり、エネルギーもより反応してしまうため、どうしても痛みは大きくなってしまいがち。

また、ヒゲが濃いということは、本数が多いだけでなく「1本1本の毛が太い」とも言えますが、その分、生命力も強いので、ある程度は機械の出力を上げていかないときちんと脱毛効果がでません。

ただ、痛みが大きいということは、きちんと脱毛できているということの”裏返し”でもあります。それだけヒゲやムダ毛に対して効果が出ている証拠とも言えるのです。

クリニックであれば痛みを抑えるための麻酔も用意している(1回3,000円程度)ので、事前カウンセリングで相談してみるとイイと思います。

SBC湘南美容クリニックとダンディハウスの屋外看板【ヒゲ脱毛の効果・回数・痛み・値段】メンズエステとクリニックを徹底比較!

針(ニードル)によるヒゲ脱毛は、かなり痛いと聞きますが・・・

本当です、かなり痛いです。

針(ニードル)による脱毛法は最も昔からある脱毛法で、ひと昔前は「脱毛といえば針脱毛(ニードル脱毛)」という認識でした。

針脱毛は毛穴の中に針を挿入し、電気を流して毛を作り出す細胞にダメージを与える方法です。1本ずつ脱毛していくので効果は確実ですが、人によってはピリッとした痛みを感じると思います。

実際にナカやんは体験した感想で言うと、1本だけ脱毛する分にはガマンできますが、連続して何本も脱毛されるとけっこう痛いと思いますよ。

人によって痛みの感じ方はそれぞれなので一概には言えませんが、針脱毛は比較的多くの人が痛みを感じる方法であるというのは確かですね。

ちなみに、巷のサイトでは「針を刺すので痛い」という表現がよくされていたりしますがそれは間違い。

針を毛穴に挿入するまでは特に痛くありません。痛みを感じるのは電気を流す時です。

下手な施術者に当たってしまうと、変なトコロに針を挿入されてしまって痛いというのは、あるかもしれませんけどね・・・(汗)

メンズエステ・クリニック・家庭用脱毛器【メンズエステ・クリニック・脱毛器】ヒゲ脱毛にオススメの方法は?SBC湘南美容クリニックとダンディハウスの屋外看板【ヒゲ脱毛の効果・回数・痛み・値段】メンズエステとクリニックを徹底比較!

ヒゲ脱毛の痛みを抑える方法はありますか?

あります。代表的な方法は麻酔です。

まず最初に断っておきますが、麻酔を使えるのは医療機関(クリニック)で脱毛を受ける場合のみ。医療機関ではないメンズエステでは使用できないので注意してください。

麻酔以外でいうと、冷たいジェルを塗ってもらったり、脱毛器自体に付いている冷却ガスを使ったりしてもらうぐらい。どちらも患部を冷やして痛覚を麻痺させ、痛みを和らげる仕組みです。

ですが、自分でできることでと言われると正直あまりありません。あるとしても、できるだけ肌の保湿を心がけるぐらいです。

クリニックの麻酔に関して説明しておくと、脱毛時の麻酔は大きく3種類あり、
  • 気分を酔っぱらった感じにさせる笑気麻酔
  • 肌の表面に塗る麻酔クリーム
  • 直接麻酔を注射する麻酔注射
があります。

笑気麻酔(しょうきますい)
笑気麻酔

笑気麻酔の装置はこんな感じの機械で1台約70万円ほど。

吸入するタイプの麻酔で、使いやすいことや安全性が高いことから、多くのクリニックでよく用いられています。身近なところだと歯医者でも使われていますね。

医療用ガスの一種である笑気ガス(亜酸化窒素ガス)を鼻から吸入し、1~2分ぐらい経つとだんだん力が抜けてきて頭がグルグルと回り、酔っぱらったような気分になってきます。笑気麻酔後は酸素を吸入することで、すぐに正常な状態に戻ります。

ナカやんもゴリラクリニックで脱毛を受けた時に笑気麻酔を体験しましたが、痛みを和らげるというよりも、痛みから「気を逸らす」という感じでした。費用的には1回3,000円前後ですね。
麻酔クリーム
「リドカイン」というクリームを肌に塗ることで痛みを緩和するのが麻酔クリームです。

胸や腕のムダ毛、脚のすね毛といった比較的大きな「面」を脱毛する時に使用し、実際には施術の約30分~1時間前に塗布して浸透するのを待たないといけません。なので麻酔クリームを希望する人は少数派だと思います。

効き具合は塗布する場所によって違っていて、皮膚が厚いと効きづらく、薄いと効きやすいという感じ。体験したことはないですが、局部脱毛をする時に粘膜に使用するとかなり効くみたいです。

料金的には使用する面積やグラム数にもよりますが3,000円~5,000円ぐらいが相場。太ももなどの広い面積に塗ると8,000円~10,000円ぐらいします。
麻酔注射
麻酔注射はその名の通り、部分的に麻酔薬を直接注射して痛みを軽減する方法です。歯医者で親知らずを抜く時に注射された経験のある人もいると思います。

麻酔そのものを直接患部に注射するので効き目は良いのですが、針を刺す時はやっぱり痛いので、その痛みは覚悟する必要がありますね。費用的には1回5,000円~10,000円ぐらいが相場となっています。

ヒゲ脱毛の痛みに耐えられるか不安です。

まずはトライアルで体験脱毛を受けてみて、我慢できないなら麻酔を希望しましょう。

ヒゲ脱毛時の痛みは、これから脱毛する人にとっては最も気になるポイントの1つだと思います。

ただ、痛みについては個人差も大きく、なかなか言葉で伝えることが難しいテーマです。

なので、まずはお試しで1回脱毛を受けてみてください。ちょっと強引な回答になっちゃいますが、もうこれしかないと思います^^;

確かに施術台に寝転ぶ時は少し怖いですが、案外、受けてみると「こんなものか」という風に感じる人も多いと思います。

またクリニックの医療レーザー脱毛であれば、脱毛したその日から数日の間に、ヒゲがポロポロと抜け落ちていきます。効果が実感できれば、1回10~15分の痛みもガマンできるという人も多いと思います。

しかも、痛いのは最初の3~5回目ぐらいまで。その後はヒゲやムダ毛の本数が少なくなり、痛みへの慣れも手伝って最初ほど痛みを感じることもなくなってきます。

もし、どうしても痛みが我慢できないのであれば、クリニックで麻酔を希望して、痛みを和らげてもらうようにしましょう。

ヒゲ脱毛の痛みが原因で、途中でリタイアする人はいますか?

脱毛方法によってはリタイアする人もいます。

「脱毛方法によっては」と書いたのは、方法によって痛みの度合いがかなり異なるからです。

代表的な脱毛方法にはフラッシュ脱毛(光脱毛)やニードル脱毛(針脱毛)、医療レーザー脱毛などがありますが、痛みでリタイアする者が多い脱毛方法はニードル脱毛です。

メンズエステで行われている脱毛方法で、プローブと呼ばれる先端が丸くなった針のようなモノを毛穴に挿し、そこに電気を流して脱毛する方法ですね。

針脱毛は痛みが比較的強く、1本ずつ根気強く脱毛をしていく方法なので、数十本・数百本と連続して脱毛を受けるとなると、かなり我慢強くないと続けることが厳しい脱毛方法だと思っています。

1回行くと1時間~1時間半ぐらい脱毛を受けることになり、鼻下だけでもトータル10回~15回ぐらい通わないといけないので途中でリタイアしてしまうのもムリはありません。

メンズエステのもう1つの脱毛方法:光脱毛については、確かに痛みは少ないものの、脱毛効果も低いので通う回数がかなり多くなりがち。その間にメンドくさくなって途中で通わなくなってしまう人もいると聞きます。

クリニックの医療レーザー脱毛は、痛みは光脱毛よりも大きいですが、その分、脱毛効果もあり、処理時間も1回10~15分なので、耐えることは十分できると思いますよ。

メンズエステ・クリニック・家庭用脱毛器【メンズエステ・クリニック・脱毛器】ヒゲ脱毛にオススメの方法は?SBC湘南美容クリニックとダンディハウスの屋外看板【ヒゲ脱毛の効果・回数・痛み・値段】メンズエステとクリニックを徹底比較!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。